これってICO詐欺!? 仮想通貨詐欺の手口と見分け方まとめ

swindler scam

こんにちは、ヒデヨシです。

ビットコインや仮想通貨にかかわる詐欺ニュース、とどまるところを知りません。

実は、かく言うわたしも「仮想通貨詐欺」の危険な綱渡りをしている最中なのです。

とある仮想通貨のICOに参加し、トークンを購入し保有し続けています。

(※ICOとは、新しく開発された仮想通貨の販売会のことです)

その仮想通貨、ネット上では「○○コイン 詐欺」と書かれ叩かれているので気が気じゃありません。

一応、海外の有名な取引所に上場したので、完全な詐欺ではなかったのかな?

とはいえ濃いグレー状態なので今後の動向にハラハラしております。

 

さて、仮想通貨はたしかに億万長者になれるポテンシャルを秘めていますが、それを利用した詐欺も横行しています。

わたしは、仮想通貨の投資について何も知らない状態でICOに参加してしまい、「詐欺だったらどうしよう」と、夜も眠れない苦しい日々を過ごしてしまいました。

何も知らないって、投資において本当に危険です。

そこで今回は、投資の基本的な心得と仮想通貨の詐欺に引っかからないための「詐欺コイン」の見分け方を学んでいきます。

100%見分けることができるわけではありませんが、基礎知識をもっておくことで詐欺に引っかかるリスクを大きく下げることができますので参考にしていただければ幸いです。

 

仮想通貨に投資する際の3つの心得

まず、一番覚えていただきたい投資の心得が3つあります。

仮想通貨に投資する際の3つの心得

  1. 投資はすべて自己責任
  2. 投資に「絶対」はない
  3. 投資は余剰資金で行うこと

 

1. 投資はすべて自己責任

「あの人が儲かるって言ったから」
「ネットに儲かるって書いてあったから」
「自分のカンを信じたから」

投資をする際には何を根拠にしてもかまいませんが、自分以外の人の責任にはできません。

投資はあくまで自己責任。

「よし買おう!」と判断し、最終的に買ったのは自分。

もし損しても、すべては自己責任で誰も助けてくれません。

必ず自分が納得したうえで投資を行いましょう。

 

2. 投資に「絶対」はない

「絶対に勝てる投資法」なんてフレーズをたまに目にしますが、投資に絶対はありません。

あるのは、過去にこうなったという事実だけ。

その事実をもとに分析をして未来を読む。それが投資です。

ですから、100%儲かることはありえないと心得ておきましょう。

ちなみに、投資の相場を意図的に操作する方法はあるのですが、犯罪ですので手を付けないように気を付けてくださいね。

 

3. 投資は余剰資金で行うこと

投資でのお金儲けに人生をかけてはいけません。

未来が読めない以上、必ずギャンブル的な要素が出てきます。

スリルを楽しみたいならどうぞお好きに。

ただ、是非、自分が生きていくために必要な生活費をまず確保し、残った余剰資金で投資は行ってください。

投資に失敗した結果、人生が崩壊したら元も子もありませんから。

 

以上3つは投資の心得、というか鉄則です。

是非心にとどめていただき、今後の投資活動に生かしていただければと思います。

 

仮想通貨詐欺の手口と見分け方

ここからは、仮想通貨詐欺、特に仮想通貨のICOの詐欺の手口を紹介していきます。

決まり文句や勧誘の仕方など、ポイントを押さえていただき、詐欺を見破る目を養っていきましょう。

※ICOについて知らない方は以下の記事を参考にしてみてください。

 

チェック項目「ホームページ関係」

 

ホームページはよくできているか?

ホームページが丁寧に作り込まれているサイトかどうかを確認します。

チープなサイトだった場合、もともと資金がないことが考えられます。

もちろん外注して高いクオリティで作っている場合もありますから、あくまで参考程度です。

 

選べる言語は豊富か?

仮想通貨のICOとは、ビジネス資金を世界中から集めるためのしくみです。

世界の広くから資金を集めたいのに、対応している言語が「英語」と「日本語」だけというのは、ICOの目的と矛盾しています。

ターゲットを日本人に絞った詐欺の可能性がありますから注意が必要です。

 

ホワイトペーパーはあるか?

ホワイトペーパーとは、そのICOについて詳しく書かれた説明書です。

そもそもホワイトペーパーがなければ、ICOとして不十分なので疑った方がいいでしょう。

ホワイトペーパーがあってもその内容が適当なことを書いている場合もありますから、よく読み込む必要があります。

ちなみに多くは英語で書かれていますので、語学が苦手な方はGoogle翻訳などをつかって読み進めましょう。

 

団体の所在地は存在するか?

その団体の拠点となる場所を確認しておきましょう。

住所が書かれていない場合は論外です。

住所が書かれていても、その場所にオフィスがあるのかを確認します。

建物があっても、空室や別店舗という場合もありますから、管理者に問い合わせるなどさらに確認するのが理想的です。

 

メディアの掲載実績はあるか?

さまざまなメディアに紹介されている場合、注目されている仮想通貨だということがわかります。

ホームページ上に「こんな雑誌に掲載されました!」と書かれている場合は必ず自分でもインターネットで検索して裏を取りましょう。

 

紹介されているメンバーは本物か?

ホームページには開発・運営メンバーの顔写真が載っています。(載っていない場合は論外)

過去の詐欺の事例では、どこかのモデルの顔写真を勝手に使っていた、なんてこともあるようなので、その人が本物かを画像検索を使って調べましょう。

 

SNSのフォロワーは多いか?

ICOで広く資金を集めたいならSNSの活用は欠かせません。

Twitter、Facebook などのSNSでICOの公式アカウントをチェックしてみましょう。

フォロワーが多ければ注目されている証拠です。

ただし、フォロワーが「サクラ」の可能性もありますから、フォロワーについてもいくらか調べておくことが大切です。

 

有名な企業と提携しているか?

大きな企業と提携していると主張していることもよくあります。

本当にその企業と提携しているのか、確実に裏をとるようにしましょう。

 

チェック項目「投資への誘い方」

 

「絶対」が入っていないか?

心得でも紹介しましたが、投資に「絶対」はありません。

「絶対に儲かる」「絶対に価値が上がる」など、言葉巧みに誘ってきても「絶対」というフレーズが出てきた瞬間に詐欺を疑いましょう。

ちなみに、「○○保証」というフレーズも同じく注意が必要です。

 

「購入できる権利をゆずります」なんておいしいこと言ってないか?

よくSNSなどで「申し込みの権利を何枠か確保できました。欲しい方は連絡ください」というやり取りがあります。

その権利は、あらかじめ用意されていた可能性もありますから、美味しい話に飛びつかず、まず冷静になりましょう。

 

「配当がある」なんておいしいこと言ってないか?

「仮想通貨をもっているだけで配当がもらえる」と言っている場合も注意が必要。

配当があったとしても、実は何かしらの手数料がかかったり、極めて少ない配当だったりする可能性もあり、実質損する場合もあります。

おいしい言葉には必ず裏がありますから、疑ってかかりましょう。

 

有名人をとにかく前面に押し出していないか?

心理学の有名な手法に「偉人の権威を借りる」というものがあります。

簡単に言うと、偉い人やすごい人が関わっているというだけでその仮想通貨も何だかすごそうに感じてしまう心理のことです。

もし、ただの芸能人などを前面に押し出している場合は要注意。

その芸能人は広告としての役割であって、その人と仮想通貨の価値は必ずしも結びつかないことを肝に銘じておきましょう。

 

リスクに対する説明があるか?

投資には必ずリスクが伴います。

安心させようとしてくる営業手法は詐欺の基本。

どんなリスクがあるのか問い合わせてみて、相手の反応を確認しましょう。

 

チェック項目「そのICOを知った経路」

 

代理店が絡んでいないか?

代理店がからんでいたら、まず詐欺を疑うべきです。

というのも、仮想通貨のやりとりに代理店は必要ないからです。

たくさんの代理店を利用して、多くの人から資金を集めようとする手法ですので要注意。

 

人(親友、師匠など)から紹介されていないか?

紹介してくれた人がたとえ信頼できるとしても、決して鵜呑みにしないことが大切。

投資は自己責任なのですから、その情報元はどこなのか必ず裏をとり、自分でよく調べて、判断しましょう。

 

有名人がPRしていないか?

「有名人の権威を借りる」のは、詐欺の基本です。

有名人がPRしているからといって、その仮想通貨の価値は決まりません。

「有名人がおすすめしているからいいモノだ」と安易に判断しないようにしましょう。

 

チェック項目「購入のとき」

 

買い取り保証がついている

もしICOが破綻した場合、仮想通貨を買い取りしてくれると言っていても、安易に信じてはいけません。

全額買い取りでない場合もあったり、手数料がかかったり、買い取り自体ウソだったり。

大体はこちらが何らかの損をし、向こうが得をするようにできていますので、買い取り保証の制度を見た瞬間に身構えましょう。

 

購入に必要な最低価格がある

詐欺をする立場で考えると、たくさんお金を集めたいですから、「一口○○万円から」と購入に必要な最低価格を指定してきます。

ICOは資金集めも目的ですが、自分たちのビジネスを知ってもらい長く使ってもらうことも大きな目的です。

資金援助のハードルを上げてまで、高額な最低価格を提示してくる案件は、お金に目がくらんでますから疑ってかかりましょう。

 

仮想通貨の詐欺を見分けるための心得まとめ

ここまで、仮想通貨の詐欺にあわないための心得を学んできました。

あらためて以下にまとめておきましょう。

仮想通貨投資する際の3つの心得

  1. 投資はすべて自己責任
  2. 投資に「絶対」はない
  3. 投資は余剰資金で行うこと

 

仮想通貨詐欺の手口と見分け方

<ホームページ関係>

  • ホームページはよくできているか?
  • 選べる言語は豊富か?
  • ホワイトペーパーはあるか?
  • 団体の所在地は存在するか?
  • メディアの掲載実績はあるか?
  • リスクに対する説明はあるか?
  • 紹介されているメンバーは本物か?
  • SNSのフォロワーは多いか?
  • 有名な企業と提携しているか?

 

<投資への誘い方>

  • 「絶対」が入っていないか?
  • 「購入できる権利をゆずります」なんておいしいこと言ってないか?
  • 「配当がある」なんておいしいこと言ってないか?
  • 有名人をとにかく前面に押し出していないか?
  • リスクに対する説明があるか?

 

<そのICOを知った経路>

  • 代理店が絡んでいるか?
  • 信頼できる人(親友、師匠など)から聞いたのか?
  • 有名人がPRしているか?

 

<購入のとき>

  • 買い取り保証があるか?
  • 購入に必要な最低価格があるか?

 

いかがでしたか。

もう、なんだか人を信じられなくなってしまいそうですね。

今回紹介した方法は、あくまで詐欺を見抜くための参考知識です。

100%見抜けるものではありませんのでこのチェック項目を信じすぎてはいけません。

何事も疑ってかかりましょう。

 

また、こうした詐欺の見分け方は多くのサイトでまとめられていますから、詐欺師の方もそれを参考にどんどんレベルを高めてきます。

ですので、ここで紹介したチェック項目をすべてクリアしていたとしても、決して安心はできません。

結局のところ、投資に「絶対」はないのです。

それを肝に銘じて、余剰資金で宝くじを買うくらいの気持ちで仮想通貨のICO投資は行いましょう。

 

最後に、一番大切なのは最初に紹介している3つの心得です。

大事なので何度も紹介します。

仮想通貨投資する際の3つの心得

  1. 投資はすべて自己責任
  2. 投資に「絶対」はない
  3. 投資は余剰資金で行うこと

この心得を胸に、詐欺師に騙されないように、上手に投資していきましょう。

 

以上、今回は仮想通貨投資の心得と詐欺にあわないためのコツを紹介しました。

ヒデヨシ

 

もし、仮想通貨の詐欺にあってしまったら、以下のリンクを参考に各省庁に問い合わせてみてください。

▼仮想通貨トラブル相談窓口

 

Photo: Thomas Hawk via flickr

 

swindler scam

無料メールマガジンの登録はこちら

▼メールアドレスを入力して【送信】

メルマガ購読・解除
初心者がゼロから学べる仮想通貨・ビットコイン


バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ