ブロックチェーン技術とは? 特徴, 応用例, 活用例をわかりやすく解説

イーサリアム ブロックチェーン

こんにちは、ヒデヨシです。

仮想通貨を学んでいると「ブロックチェーン」という言葉が必ず出てきます。

わたしは「ブロックチェーン=仮想通貨」だと思っていたのですが、実は全然違うものだったんです。

しかも、世の中をとても便利にするとてつもない技術なのだとか。

一体どんなもので、どのように応用・活用されていくのでしょうか。

今回はブロックチェーンとは何か、仮想通貨との関係は、そしてどのように社会を変えてわたしたちの生活を便利にしてくれるのかをわかりやすくまとめて学んでいきます。

 

そもそもブロックチェーンとは何?

まず、そもそも「ブロックチェーン」とは何かを簡単に説明しておきましょう。

ブロックチェーンとは簡単に言うと、「決して消せない」「不正に改ざんできない」記録技術です。

たとえるなら、記入したら消えずに一生残り続けるノートのようなもの。

一見するととても恐ろしく感じますが、ブロックチェーン技術は様々なものに応用することができます。

 

※ブロックチェーンの仕組みについては以下の記事で詳しくまとめていますので参考にしてみてください。

 

ブロックチェーンは分散型台帳

ブロックチェーンはその仕組みから「分散型台帳」とも呼ばれています。

「台帳」とは、取引の記録などを書き記したノート、いわゆる帳簿のことです。

分散型台帳とは、簡単に言うと、記入したら消えずに一生残り続けるノートをみんなに配布して管理しているという状態です。

みんなとは、ブロックチェーン技術を利用しているすべての人です。

そのイメージは、「一つのノートをみんなで監視している」のではなく、「利用しているすべての人がまったく同じノートをもっている」ということ。

(このしくみのことを「P2P(Peer to Peer)」と呼びます。)

ノートに新しい情報が追加されると、すべての人のノートも更新され、どんどん情報が共有されていく、とてもすごいノートなのです。

 

ブロックチェーンが「決して消せない」「不正に改ざんできない」理由

利用者みんながまったく同じノートを持っているということは、一人が紛失してもほかの人に見せてもらうことができます。

トラブルが起きてもバックアップが無数にいるのはとても安心できますね。

ですから、このノートに記載された内容は実質、消えることがありません。

また、誰かが悪意をもって内容を改ざんしたとしても、ほかの人のノートと見比べることで違いがはっきりするため、すぐに不正を発見することができます。

そのため、この台帳に記載された内容は実質、改ざんすることができないのです。

 

さて、少し長くなりましたが、ここまでブロックチェーンそのものの仕組みについて学んできました。

ここからは、ブロックチェーン技術がどのようにしてわたしたちの役に立ってくるのかを紹介していきます。

 

ブロックチェーン技術の特徴

ブロックチェーン技術を実用する上で覚えるべき特徴はたったの3つで、いたってシンプルです。

<ブロックチェーンの3つの特徴>

  1. 過去の追跡ができる(トレーサビリティ)
  2. 自動で契約できる(スマートコントラクト)
  3. 仲介者がいらない

詳しく見ていきましょう。

 

過去の追跡ができる(トレーサビリティ)

過去の追跡ができる、これはイメージしやすいかと思います。

ブロックチェーンは「決して消せない」「不正に改ざんできない」記録技術ですから、もちろん記録したものを過去にさかのぼって調べることができます。

これにより、たとえば何か食べ物を製造している事業であれば、産地を偽って提供するといった不正を防ぐことができるようになります。

お客さんとしても、安心して利用することができますね。

 

自動で契約できる(スマートコントラクト)

ブロックチェーン技術の大きな特徴に「スマートコントラクト(自動契約)」の機能があります。

スマートコントラクトとは契約行為を自動的に行うことができる機能です。

契約書としてブロックチェーンを用いることで、消せないし改ざんもできない契約情報を残すことができます。

これをうまいことプログラミングしておくことで、契約行為を自動化することができ、時間や手間などのコストを大幅にカットすることができます。

 

仲介者がいらない

仲介業者を省くことができることも大きな特徴です。

ふつう、契約行為をするときは第三者に確認してもらう必要があります。

しかし、ブロックチェーン技術、スマートコントラクトを使うことでその第三者が必要なくなり、個人間で契約行為をすることができるようになります。

これにより、たとえば家を借りる賃貸契約を結ぶときは、不動産仲介業者(不動産屋さん)が不要になり、インターネット上でほとんどの手続きを済ませることができます。

その結果、仲介業者がいないため手数料をとられることがなくなり、わたしたちのお財布に優しい世界が広がるようになるのです。

 

もういちど振り返っておきましょう。

<ブロックチェーンの3つの特徴>

  1. 過去の追跡ができる(トレーサビリティ)
  2. 自動で契約できる(スマートコントラクト)
  3. 仲介者がいらない

この3つを応用したサービスは現在世界に広がり続けています。

ここからは、ブロックチェーン技術が具体的にどのようなものに活用・応用されているのか、その実用例を紹介していきましょう。

 

ブロックチェーンはどのようなものに活用・応用される?

ビットコイン(仮想通貨)

ビットコインなどの仮想通貨はブロックチェーン技術を利用して作られた、ブロックチェーンの機能の一つです。

お金は消えてしまったり、不正により量が増減しては信用できません。

しかし、ブロックチェーンは「決して消えない」「不正に改ざんできない」記録技術ですから、安心感が生まれます。

この安心感が「信用」になり、この信用が「価値」となるのです。

ビットコインなどの仮想通貨はすべてが電子データではありますが、こうしたブロックチェーン技術による信用から生まれた「価値」をもったものなのです。

「価値あるもの」は何か別の価値あるものと交換できますので、お金としての役割を果たすことができます。

だから仮想通貨がお金として使われるようになっているんですね。

 

海外への送金

仮想通貨をつかった海外送金はブロックチェーン技術を使った代表的な実用例です。

日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、普通海外へ送金するときは、間に銀行がいくつも入るため、手数料と時間がたくさんとられていました。

海外へ出稼ぎに行って、自分の家族にお金を送金するとしても、たくさんの手数料がとられてしまうためとても不便な状況だったのです。

しかし、仮想通貨を使うことで価値(お金)のやり取りが個人間でできるようになりました。

仲介するものがなくなり、時間も手数料もほとんどかからないため、利便性がとても高く、損することなく家族へお金を送ることができます。

 

個人認証

網膜をはじめとした本人確認に必要な生体情報をブロックチェーン上に記録しておくことで、様々な手続きを簡単にすることができます。

たとえば、住民票などの公共の証明書をわざわざ役所まで取りに行ったり提出しに行くことは必要なくなり、インターネット上で完結させることができます。

また、わたしたちの出生記録にはじまり、入学した学校、引越先、誰と結婚したかなど、個人の履歴情報をすべてブロックチェーン上に記録されていれば、役所に行く手間はもうなくなります。

さらに、仕事の面接で履歴書を提出さなくても、データベースで経歴を確認できるようになりますから、雇う側としても仕事に適した人を見つけやすく安心して雇用することができるようになります。

面倒な書類を書く必要もなくなり、様々な手続きがピッと認証するだけで終わり、という未来も近くなっています。

 

海外旅行も体一つで行ける

ブロックチェーンをつかった個人認証情報が世界で共有されれば、パスポートが必要なくなります。

体一つで海外旅行に行くことができるようになるのです。

お金に関しても、仮想通貨が世界共通で使える通貨として活躍してくれますから、お財布も必要ありません。

持ち物は強いていうなら、スマートフォンが必要になるくらいでしょう。

 

デジタル医療カルテ

個人認証ができるなら、自分の病歴なども記録することができます。

また、ブロックチェーンは利用者が同じ情報を持っている状態なので、すべての人の病歴や手術歴などを閲覧できるようになります。

もちろんこれは個人情報ですので、見ることができるのは医師だけです。

今、世界中で難病に苦しむ人がたくさんいますが、さまざまな人の病気や手術の履歴を世界で共有することにより、難病に苦しむ人への効果的な治療法を見つけることにも役立ちます。

もちろん自分が難病にかかった場合も同様です

情報の共有もブロックチェーン技術の強みになります。

 

不動産賃貸契約の簡略化

スマートコントラクトの機能を利用することで不動産の賃貸契約がとても便利になります。

たとえば、一人暮らしの家の賃貸契約なんかも将来的にはインターネット上ですべてできるようになるでしょう。

身上調査も個人認証の情報に組み込んでおけば、契約する際の審査もすぐにできるようになります。

このように、人を介さずに契約ができるので、手数料や時間がかからず便利になるのです。

ただでさえ引越にはお金と時間がかかりますから、これは助かりますね。

 

シェアリング系も便利に

カーシェアリングや民泊といったシェアリングエコノミーにもブロックチェーン技術は活用できます。

たとえば、今流行りの「民泊」なんかも以下のように手続きがスムーズになります。

  1. インターネットのサイトで空いている民泊物件を見つける
  2. 仮想通貨での支払い契約を結ぶ
  3. 家のカギは電子キーになり、スマートフォンで受け取り
  4. 人を介さずに契約完了

仲介するものがいなくなるので借りる方は料金が低くて済む。

また、過去の利用履歴もブロックチェーンに記録しておけば、悪質なユーザーか審査もできるので、部屋を貸す方としても安心できる仕組みです。

 

原料から製造までを一貫管理

原産地からどのようなルートを通りお店で売られているのか、その一連の記録をブロックチェーン上に記録することで、産地を偽ることはできなくなり、より安心して商品を手に取ることができるようになります。

他には、宝石なんかにも活用できます。

どこの鉱山で採れて、正規の手順をふんでお店にきたものなのかも証明することができるので、本物だということもわかります。

過去にさかのぼって調べることができるトレーサビリティに優れているのはブロックチェーンの大きな強みです。

 

寄付活動の透明化

チャリティーのために募金をしても、募金したお金がどのように使われているかはなかなかわかりにくいところ。

そこで、ブロックチェーンの特徴を使うことで、募金したお金の行方を追跡できるようになります。

寄付したお金がどのように使われているかがはっきりわかるので、安心して寄付をすることができるようになります。

また、お金の使い方をもっと効率よく改善することも検討できるようになります。

 

著作権など知的財産の保護

ブロックチェーン技術の大きな特徴は「改ざんできない」「消えることができない」というもの。

たとえば、知的財産の保護にも活用できます。

文書や絵などを公開すると、著作権が発生しますが、インターネット上だと誰が作ったものかわからず裁判沙汰になることも多々ある世の中です。

そこでブロックチェーンの特徴を利用して著作者と著作物のつながりを記録しておくことで、知的財産を保護することができるようになります。

 

オンラインゲーム・オンラインカジノ

ブロックチェーンの特徴の一つに「みんなで管理・監視している」点が挙げられます。

これはつまり、ユーザーが不利になるような裏の不正を防ぐことができるということ。

ですから、運営者が一方的に勝つようなことはなくなり、公平にゲームができるようになります。

実際に金銭がかかってくるオンラインカジノなんかは公平性が重要になってきますから、ブロックチェーン技術の登場は待ちに待ったものでしょう。

 

まとめ-ブロックチェーンの活用・応用について

blockchain

ブロックチェーンについて、その特徴・活用例・応用例について学んできました。

以下にここまで学んできたことをまとめておきましょう。

  • ブロックチェーンは「決して消せない」「不正に改ざんできない」記録技術
  • 仮想通貨はブロックチェーン技術を利用して作られている
  • 過去の追跡ができる(トレーサビリティ)
  • 自動で契約できる(スマートコントラクト)
  • 仲介者がいらないので時間や手数料を大幅に減らせる
  • 応用性が高く、便利なサービスがどんどん広がってきている

 

今回紹介している活用例はほんの一部です。

ブロックチェーンを利用した便利なサービスは今後さらに広まってきます。

考えもしなかったすごいサービスも出てくるのでしょう。

これからが楽しみです。

 

ちなみに、わたしは旅行が好きなので、早くパスポート無しで海外旅行ができるようになってほしいですね。

なので海外旅行者向けのICOなんかもちょこちょこ探してみてたりします。

あと、引越で役所に行く手間なんかもう最悪ですよね。面倒くさい!早く何とかしてー。

今後、ブロックチェーン技術がさらに加速して普及することを切に願っています。

 

以上、今回はブロックチェーンについて、そして、その応用・活用性について学びました。

ヒデヨシ

 

イーサリアム ブロックチェーン

無料メールマガジンの登録はこちら

▼メールアドレスを入力して【送信】

メルマガ購読・解除
初心者がゼロから学べる仮想通貨・ビットコイン


バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ