ビットコイン・仮想通貨が大暴落してもマイナス(借金)にならない理由

こんにちは、ヒデヨシです。

仮想通貨の取引をしていてふと思ったことがあります。

「仮想通貨とかビットコインが大暴落したら、マイナス(借金)になる?」

不安になってしまったので実際どうなのか調べてみました。

結論から言ってしまうと、普通に取引している分にはマイナス(借金)の状態になることはありません。

ただし、ある条件下で取引をしていると、下手したら借金を抱えてしまいます。

そこで今回は、

  • 仮想通貨の価格が大暴落してもマイナス(借金)状態にならない理由
  • 借金状態になるパターン

についてわかりやすくまとめて学んでいきます。

 

仮想通貨が暴落してもマイナス(借金)にはならない理由

宝石は価格がゼロ円になっても、マイナスにはならない

わかりやすく考えるために、ビットコインを「宝石」とイメージしてみましょう。

あなたは、今世界で人気がある宝石をお店で10万円で買いました。

その宝石は、今は10万円の価値があります。

しかし、時間がたつにつれて、その宝石は次第に人気がなくなっていき、結局ただの石ころと同じ、価値ゼロになってしまいました。

もうその宝石をもっていても意味がないと思ったあなたは、その宝石を売ることにしました。

とはいえ、もはやその宝石には価値がないので、ゼロ円でお店にゆずり渡すこととなりました。

結局、最初に使った10万円分の損になってしまいました。

 

このように、宝石は価値が上がったり、下がったりすることはありますが、ゼロ円を下回りマイナスになることはありません。

宝石の価値が大暴落しても、粗大ゴミのようにこちらがお金を払ってお店に回収してもらうということもないのです。

 

仮想通貨も宝石と同じ。価格がゼロ円になってもマイナスにはならない

ビットコインなどの仮想通貨も宝石と同じく価値がゼロを下回ってマイナスになることはありません。

仮想通貨の価値はマイナスにならない

あらためて考えてみましょう。

あなたは、これから伸びそうな仮想通貨を10万円で買いました。

その仮想通貨は、今は10万円の価値があります。

しかし、時間がたつにつれて、その仮想通貨の価格は次第に下がっていき、価値ゼロ(0円)になってしまいました。

もうその仮想通貨をもっていても意味がないと思ったあなたは、その仮想通貨を売ることにしました。

しかし、価値がないので、ゼロ円でお店(仮想通貨取引所)にゆずり渡しました。

結局、最初に仮想通貨を買ったときに使った10万円分だけ損になってしまったのです。

 

宝石と同じように、仮想通貨の価値も上がったり下がったりすることはありますが、ゼロ円を下回りマイナスになることはありません。

宝石も仮想通貨も、手に入れるために自分が最初につかった金額から損することはあっても、借金のようにマイナス状態になることはないのです。

 

とはいえ、インターネットを見ていると、仮想通貨の暴落によって借金を背負ってしまったという人はたくさんいます。

その人たちは何をした結果借金を抱えてしまったのでしょうか。

ここからは、ビットコインや仮想通貨取引で借金を抱えてしまうパターンを紹介していきます。

 

ビットコイン・仮想通貨で借金を抱えるパターン

ビットコインなどの仮想通貨取引で借金を抱えるパターンは大きく以下の3つです。

  • 自分で借金したお金を投資に当てていた
  • レバレッジ取引をしていた
  • 税金が払えなくなった

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

自分で借金したお金を投資に当てていた

仮想通貨取引をする際に自分の資金が少ないため、消費者金融などからお金を借り入れている場合。

これは、そもそも借金をしてしまっているのが問題です。

仮想通貨に限らず、投資は損するリスクがあります。

もし借金を抱えている状態で仮想通貨が暴落し、返済するあてが無くなればどうしようもありません。

自分でしてしまった借金だけが残ってしまうのです。

 

レバレッジ取引をしていた

仮想通貨取引をする際に自分の資金が少ないため、「レバレッジ取引」をしている場合。

「レバレッジ取引」とは、簡単に言うと、仮想通貨取引所にお願いして、自分の少ない資金を担保に仮想通貨をたくさん貸し出ししてもらえる仕組みです。

たとえば、10万円の自己資金があったとき、「レバレッジ10倍」となっていれば、

10万円 x 10倍=100万円

となり、自分のお金は10万円なのに、100万円分の仮想通貨を貸してもらい取引に当てることができます。

上手くすれば、少ない資金でたくさんの利益を得ることができますが、もちろんその分リスクもあります。

もし仮想通貨が大暴落してしまった場合、勝手に損失を確定させられたり(ロスカット)、追加でお金を払わなくてはならなかったり(追証)するはめになります。

こうして損が重なってしまうと、自分の担保では損をまかないきれなくなり、借金をするはめになってしまうのです。

ただでさえ変動の大きい仮想通貨で、さらにハイリスク・ハイリターンな条件で取引しているのですから、損したときのダメージも大きくなります。

大きなリターンを得られるかもしれませんが、正直なところ、リスクが大きすぎるので初心者はレバレッジ取引に手を出さない方が身のためです。

 

税金が払えなくなった

仮想通貨で利益を得たとしても税金が払えずに借金してしまう場合もあります。

まず、仮想通貨投資で得した分は日本の法律では「雑所得」扱いになります。(2018年05月現在)

仮に4,000万円以上の利益を出した人は、住民税と合わせて最大55%も税金を払わなければならないのです。

▼関連リンク
所得税の税率|国税庁

たとえば、1億円の利益を出したとき、55%にあたる5,500万円を税金として払わなくてはなりません。

このとき、1億円をキープしていて、税金を払えるようになっていれば良いのですが、その1億円をすでに使ってしまっていたときが問題です。

仮に、1億円の半分の5,000万円しか残っていなかったとしましょう。

そうなると、払わなくてはならない税金は5,500万円、今ある手持ちは5,000万円なので、

「支払う税金」−「自己資金」

=5,500万円−5,000万円

=500万円

となり、500万円分が足りない状態になってしまいます。

こうなっては税金を払えませんので、泣く泣く借金するはめになってしまうのです。

仮想通貨による利益を確定させてそのお金を使う場合は、支払う税金を確保してから手をつけることが大切です。

 

ちなみに、仮想通貨の取引で「利益確定」「損失確定」するタイミングは以下の記事で詳しく説明していますので参考にしてみてください。

 

まとめ:仮想通貨・ビットコインが大暴落してもマイナス(借金)にはならない理由

ここまで仮想通貨やビットコインが暴落しても借金にならない理由、そして借金状態になるパターンについて学んできました。

以下にあらためてまとめておきましょう。

  • 普通に取引している分にはマイナス(借金)の状態にはならない
  • 自分で借金をしたお金を投資に当てていて損した場合、借金が残ってしまう
  • レバレッジ取引をしていて損した場合、追加支払が発生し、借金する必要がでてくる
  • 仮想通貨の利益にかかる税金が払えない場合、泣く泣く借金することになる

 

いかがでしたか。

投資は儲かることもありますが、損することもあります。

仮想通貨はもともと投資対象としてリスクが高いものですから、手を出すならそれ相応の覚悟を持つ必要があります。

自分の人生を乱さないためにも、投資は生活資金を確保した上の余剰資金でするようにしましょう。

ローリスク・ローリターンではありますがリスクをおさえて投資できる「積立投資」という手法もありますから、自分のタイプに合わせて投資の方法を選ぶことも大切です。

 

投資はすべて自己責任。

知らなかったでは済まされないこともたくさんあります。

必要最低限の知識は身につけて、丁寧に投資し、泣く泣く借金するといった状況にならないように気をつけましょう。

 

以上、今回は仮想通貨取引で借金を背負うパターンについて学びました。

ヒデヨシ

 

あなたにおすすめの関連記事

 

Photo: Descryptive.com via flickr

 


無料メールマガジンの登録はこちら

▼メールアドレスを入力して【送信】

メルマガ購読・解除
初心者がゼロから学べる仮想通貨・ビットコイン


バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ