ビットコインキャッシュ(BitcoinCash,BCH)とは? 仮想通貨初心者にもわかりやすく解説

BCHロゴ

こんにちは、ヒデヨシです。

仮想通貨を調べていると見聞きする「ビットコインキャッシュ(BitcoinCash,BCH)」という単語。

一体何なのでしょうか?

そしてビットコインとの違いは何なのでしょうか?

今回は「ビットコインキャッシュ」についてわかりやすくまとめて学んでいきます。

 

※「ビットコイン」についてよく知らない方は以下の記事で説明していますので参考にしてみてください。

 

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash,BCH)とは?

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash)はビットコインと同じ仮想通貨の一つです。

現実世界では「円」「ドル」「人民元」「ユーロ」のようにたくさんの種類の通貨が存在していますが、それと同じように、ビットコインキャッシュはたくさんの種類がある仮想通貨のうちの一つになります。

ビットコインキャッシュの通貨の単位は「BCH」です。

ビットコインの単位は「BTC」となります。

また、混合されがちなのですが、「ビットコインキャッシュ」は「ビットコイン」とは別の仮想通貨になります。

 

ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の違い

「ビットコイン」と「ビットコインキャッシュ」の違いはいったい何なのかというと、一度に処理できる取引量が違います。

仮想通貨の取引量はブロックチェーン技術の「ブロックの大きさ(何メガバイトか?)」で決まります。

ブロックの大きさとは、簡単に言うと、一度に処理できる最大キャパシティ(容量)のことです。

具体的には、

  • ビットコイン(BTC)は1メガバイト
  • ビットコインキャッシュ(BCH)は8メガバイト

なので、ビットコインキャッシュはビットコインの「8倍」の取引量を一度に処理できます。

この違いは、たとえるなら、会社の普通の社員とスーパー社員の違い。

  • 普通の社員(BTC)は、10分間で取引の書類を段ボール1箱分処理できる
  • スーパー社員(BCH)は、10分間で取引の書類を段ボール8箱分処理できる

といった仕事の能力の違いをイメージしていただければわかりやすいでしょう。

つまり、ビットコインキャッシュはビットコインよりも高性能な仮想通貨なのです。

 

※「ブロックチェーン」については以下の記事で詳しく説明していますので参考にしてみてください。

 

ビットコインとビットコインキャッシュはなぜ名前が似ている?

「ビットコイン」と「ビットコインキャッシュ」の名前はなぜ似ているのでしょうか。

これら2つの名前が似ている理由は、ビットコインキャッシュがビットコインをもとにつくられた(分裂した)仮想通貨だからです。

これには、仮想通貨の分裂「ハードフォーク」について知っておく必要があります。

 

仮想通貨の「ハードフォーク」とは?

仮想通貨は、実際に使っていると不便さを感じることがあります。

たとえば、取引に時間がかかる、手数料が高いなど。

そこで、「ハードフォーク」が行われます。

ハードフォークとは、簡単に言えば、その仮想通貨をコピーして新しい仮想通貨として運用していくことです。

このとき、もとの仮想通貨のもつ弱点を改善する仕様を付け加えることが特徴。

たとえるなら、ドラえもんをもとにつくられた優秀な妹のドラミちゃんのようなものです。(ごめんね、ドラえもん。)

また、ハードフォークされた時点で別の個体となるので、2つの仮想通貨に互換性はありません。

別々の仮想通貨としてそれぞれ独立して生きていくことになります。

互換性がないということは、過去の取引履歴などを見たり、取引を引き継ぐことはできないので、仮想通貨としてゼロからのスタートになるのも特徴です。

 

なぜビットコインはハードフォークされたの?

ではなぜビットコインはハードフォークされることになったのでしょうか。

仮想通貨が世の中で知られるようになったことで、ビットコインの流通量は多くなり、それにつられて取引量も多くなりました。

しかし、ビットコインで処理できる取引量には限界があります。

実際、取引に遅れが出て、手数料も高く、多くの人がビットコインをつかった仮想通貨の取引に不便さを感じるようになってしまいました。

そこで、「ビットコインのもつ取引量を改善したコインをつくろう」という理念のもと、ビットコインはハードフォークされ、ビットコインキャッシュが誕生したのです。

その結果、たくさんの取引を一度に行えるようになったので手数料もその分安くすることができるようになりました。

 

ビットコインキャッシュは大きく注目されている

ビットコインキャッシュはビットコインの弱点を改良した仮想通貨ということもあり、大きな注目を集めています。

事実、仮想通貨時の価総額ランキングでは、ビットコイン、イーサリアム、リップルに次ぐ第4位(2018年03月時点)。

イーサリアムの大きな特徴である「スマートコントラクト」が将来導入されるとの話もあります。

そうなればさらに人気が出て、時価総額でビットコインを越えてくる日も来るかもしれません。

ビットコインキャッシュは、ますます機能的になることが期待された、今後が楽しみな仮想通貨なのです。

 

※「スマートコントラクト」については以下の記事で説明していますので参考にしてみてください。

 

ビットコインキャッシュについてまとめ

以下に、ビットコインキャッシュについてあらためてまとめておきます。

  • ビットコインキャッシュ(BCH)はビットコイン(BTC)とは別の仮想通貨
  • ビットコインキャッシュはビットコインをハードフォークしたもの
  • ハードフォークはもとの仮想通貨を改良して独立させたもの
  • ビットコインよりも処理できる取引量が多く、手数料も安い
  • 将来さらに機能的に進化する可能性あり

 

以上、今回はビットコインキャッシュについて学びました。

ヒデヨシ

 

Photo: https://www.bitcoincash.org/

 

BCHロゴ

無料メールマガジンの登録はこちら

▼メールアドレスを入力して【送信】

メルマガ購読・解除
初心者がゼロから学べる仮想通貨・ビットコイン


バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ