ビットコインゴールド(BitcoinGold,BTG)とは? 仮想通貨初心者にもわかりやすく解説

こんにちは、ヒデヨシです。

仮想通貨を調べていると見聞きする「ビットコインゴールド(BitcoinGold,BTG)」という単語。

一体何なのでしょうか?

そしてビットコインとの違いは何なのでしょうか?

今回は「ビットコインゴールド」についてわかりやすくまとめて学んでいきます。

※「ビットコイン」についてよく知らない方は以下の記事で説明していますので参考にしてみてください。

 

ビットコインゴールド(BitcoinGold,BTG)とは?

ビットコインゴールド(BitcoinGold)はビットコインと同じ仮想通貨の一つです。

現実世界では「円」「ドル」「人民元」「ユーロ」のようにたくさんの種類の通貨が存在していますが、それと同じように、ビットコインゴールドはたくさんの種類がある仮想通貨のうちの一つになります。

ビットコインゴールドの通貨の単位は「BTG」

ビットコインの単位は「BTC」です。

混同されがちなのですが、「ビットコインゴールド」は「ビットコイン」とは別の仮想通貨になります。

 

「ビットコイン」と「ビットコインゴールド」の違い

ビットコインゴールドは、ほぼ、ビットコインと同じ特徴をもっています。

正直、買い物したりお金を送金したりといった仮想通貨を使う立場としては、あまり変わりがありません。

ところが、仮想通貨を運用する立場からすると大きな違いがあります。

大きく違う点は、以下の2つ。

  • マイニングに参加しやすくなっている
  • マイニングの難易度が調整されている

以下では、この2つの特徴について順を追って説明していきましょう。

 

ビットコインゴールドの作られた目的

ビットコインゴールドは、仮想通貨の運営を公平にするために生まれました。

そもそも、仮想通貨はある特定の国や特定の企業が運営しているのではありません。

仮想通貨をつくった人はいますが、その人が運営しているのではなく、世界中の人々の協力により運営されています。

世界中の人々とは、「仮想通貨を利用しているすべての人」です。

これは仮想通貨の基幹技術である「ブロックチェーン」の仕組みによって成り立っています。

※ブロックチェーンについては以下の記事で詳しく解説しています。

 

では、世界中の人々がどのような協力をしているのかというと、「仮想通貨のやり取りが正しく行われたことを認める作業」をしています。

イメージとしては、会社で上司が書類に承認印をポンと押すようなものです。

この承認作業は「マイニング」と呼ばれています。

 

仮想通貨取引の承認作業「マイニング」とは?

マイニングは、簡単に言うとブロックチェーンの暗号を解く作業です。

仮想通貨による取引は暗号化されており、その暗号を解読することで取引が正しいことを承認することができます。

このマイニングですが、上手くできていて世界中の人々が協力してくれる仕組みがあります。

それは、ボーナス制度。

マイニングによって、いち早く暗号を解いた人には報酬として仮想通貨が支払われるようになっているのです。

この報酬をめぐって、現在のゴールドラッシュさながらにマイニング競争が繰り広げられています。

 

マイニングの問題点

マイニングをするためには、高性能の暗号解析装置が必要になります。

スーパーコンピュータをたくさん並べたデータセンターのような大規模なイメージです。

ですから、マイニングする人たちは膨大なお金を投資して設備を整えています。

反対に言うと、お金のない人はマイニングに参加することができません。

これが今問題になっていて、マイニングができる人は潤沢な資金がある人に限られてしまいます。

みんなで運用するべきである仮想通貨ですが、特定の人やマイニングを事業としている会社に仮想通貨の承認作業を独占されてしまう可能性があるのです。

もし、そうなると、仮想通貨について権力をもつようになってしまいます。

権力を持った企業が「うちにもっと投資してくれないと、マイニングをやめるぞ!」とわがままを言ってきたら、仮想通貨を利用しているわたしたちは自分の取引を承認してもらえず困ってしまいます。

そうしたマイニングの権力集中化を防ぐ目的で「ビットコインゴールド」は作られました。

 

ビットコインゴールドのマイニングは参加しやすい

このような背景から誕生したビットコインゴールドは「マイニングがしやすくなっている」という特徴があります。

つまり、ブロックチェーンの暗号解読の難易度が調整されているのです。

その結果、お金のかかる高性能なスーパーコンピュータを用意する必要はなくなり、一般的なパソコンでマイニングすることができるようになりました。

これにより、一般の人でもマイニングに参加することができるので、マイニングの権力を分散させることにつながるのです。

 

「ビットコイン」と「ビットコインゴールド」はなぜ名前が似ている?

さて、ここからは、「ビットコイン」と「ビットコインゴールド」の関係について説明していきましょう。

「ビットコイン」と「ビットコインゴールド」の名前はなぜ似ているのでしょうか。

これら2つの名前が似ている理由は、ビットコインゴールドがビットコインをもとにつくられた(分裂した)仮想通貨だからです。

これには、仮想通貨の分裂「ハードフォーク」について知っておく必要があります。

 

仮想通貨の「ハードフォーク」とは?

仮想通貨は、実際に使っていると不便さを感じることがあります。

たとえば、取引に時間がかかる、手数料が高いなど。

そこで、「ハードフォーク」が行われます。

ハードフォークとは、簡単に言えば、その仮想通貨をコピーして新しい仮想通貨として運用していくことです。

このとき、もとの仮想通貨のもつ弱点を改善する仕様を付け加えることが特徴。

たとえるなら、ドラえもんをもとにつくられた優秀な妹のドラミちゃんのようなものです。(ごめんね、ドラえもん。)

また、ハードフォークされた時点で別の個体となるので、2つの仮想通貨に互換性はありません。

別々の仮想通貨としてそれぞれ独立して生きていくことになります。

互換性がないということは、過去の取引履歴などを見たり、取引を引き継ぐことはできないので、仮想通貨としてゼロからのスタートになるのもハードフォークの特徴です。

 

なぜビットコインはハードフォークされ、ビットコインゴールドが誕生したのか?

ではなぜビットコインはハードフォークされ、ビットコインゴールドが誕生することになったのでしょうか。

それは、先に説明したように「マイニングの権力集中化」を防ぐためです。

ビットコインは仮想通貨の元祖であるため、まだまだ改良の余地があります。

そこで、「ビットコインのマイニング権力集中化問題を改善したコインをつくろう」という理念のもと、ビットコインはハードフォークされ、ビットコインゴールドが誕生したのです。

実際、ビットコインゴールドのほかにも

  • ビットコインキャッシュ
  • ビットコインダイヤモンド
  • ビットコインX
  • ライトニングビットコイン

 

などなど、さまざまなビットコインのハードフォークが行われています。

たくさんあって迷っちゃいますね。

 

ビットコインゴールドについてまとめ

ビットコインゴールドについてあらためてまとめておきましょう。

  • ビットコインゴールドはビットコインとは別の仮想通貨
  • ビットコインゴールドは、ビットコインをハードフォーク(分裂)させたもの
  • 仮想通貨のマイニングの権力集中化を防ぐ目的でハードフォークされた
  • 一般的なパソコンでもマイニングができるように改良されている

 

以上、今回はビットコインゴールドについて学びました。

ヒデヨシ

 

Photo: https://bitcoingold.org/


無料メールマガジンの登録はこちら

▼メールアドレスを入力して【送信】

メルマガ購読・解除
初心者がゼロから学べる仮想通貨・ビットコイン


バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ