EOSとは? 仮想通貨初心者にもわかりやすく解説

EOS

こんにちは、ヒデヨシです。

仮想通貨の時価総額ランキングの上位にいる「EOS」

一体何なのでしょうか。

今回は、「EOS」についてわかりやすくまとめて学んでいきます。

 

EOSとは?

「EOS」は、仮想通貨の時価総額ランキングには掲載されていますが、正確に言うと仮想通貨ではありません。

今市場に出ている「EOS」はトークンと呼ばれるものになります。

仮想通貨ではないといっても、このトークンもお金と同じように価値を持っているので、取引をすることができます。

だから、ランキング上に載ってくるんですね。

ちなみに、取引の単位は名前と同じ「EOS」となります。

▼EOS公式サイト
https://eos.io/

 

トークンとは?

そもそも、トークンとは何なのかを説明しておきましょう。

トークンとは簡単に言うと、「限定プレミアチケット」のようなものです。

ある企業が新しくビジネスを始めたいと思ったとき、お金が必要になります。

このとき、「ICO」を行い企業は資金を集めます。

ICOとは、仮想通貨による資金調達の方法です。

仕組みとしては、ICOを行う企業がトークンを発行し、そのトークンを投資家が仮想通貨と交換する(買う)ことで、ICOを行う企業は資金を調達します。

 

なぜ投資家はトークンを買うのかというと、以下のようなメリットがあるためです。

  • トークンを持っているとその企業の提供する独自のサービスを受けることができる
  • 後に人気が出てトークンの価値が高くなったら売って利益を得ることができる

このように、将来的に有望な企業のトークンは、持っていることで価値が上がる可能性があるのです。

トークンの価値が下がるリスクもありますが、上手くすれば大きな利益を得ることができる。

ですから、ほかにも欲しい人がいて、トークンは頻繁に取引されています。

 

EOSトークンの目的

EOSトークンは純粋に資金調達のために作られました。

何のための資金調達なのかというと、「EOS」という仮想通貨をつくるための資金調達です。

そう、「EOS」という仮想通貨は現在開発中であり、その開発資金を得るためにEOSトークンをつかったICOが行われているのです。

ですから、以下の2つを分けて理解しなければなりません。

  • トークンとしてのEOS
  • 仮想通貨としてのEOS
    (2018年03月現在開発中)

非常にまぎらわしいですが、この2つは別物なので注意しておきましょう。

 

EOSトークンの注意点

EOSトークンは仮想通貨の開発資金を調達するためだけに生まれました。

ですから、このトークン自体には利用用途はありません。

本来、トークンは持っていると恩恵を得ることができるものなのですが、EOSのトークンは例外です。

つまり、ただの紙切れ同然で価値はありません。

これは、公式のホワイトペーパーでも明記されています。

(ホワイトペーパーとは、その仮想通貨のICOについて詳しくまとめられたものです)

▼関連リンク
EOSホワイトペーパー

具体的には「ICO終了後、48時間以内に移転できなくなる」というもの。(ICOの終了予定は2018年06月。)

動かすことができないということは、取引にもつかうことができないので、価値を持てなくなります。

しかも、「EOSトークン」と「仮想通貨EOS」は関連性がないともホワイトペーパーで語られています。

これはつまり、「仮想通貨の開発が無事完了しても、トークンはもう関係ないから持ってても意味ないよ」といっているようなものです。

それでもなお、現在トークンに人気があるのは将来的に実用性が高いためです。

 

では、どのような実用性や特徴があるのか、次から説明していきましょう。

 

仮想通貨EOSの目的

現在開発している仮想通貨EOSは何のために作られているのでしょうか。

それは、「ブロックチェーンをつかったアプリ製作プラットフォーム」を提供するためです。

アプリ開発プラットフォームとは、わかりやすくたとえるなら「LEGO(レゴ)ブロック」

レゴブロックは、世界共通のものづくりのプラットフォームです。

お城をつくるもよし、船をつくるもよし、車をつくるもよし、ロボットをつくるもよし。

「レゴブロック」という共通のプラットフォーム、すなわちものづくりの基盤となる環境を通して、誰でも自由にものづくりができます。

EOSはレゴブロックと同じように、誰でも自由にブロックチェーンを活用したアプリをつくる「環境」を提供することを目的として開発されています。

EOSのプラットフォームを活用することで、たとえばゲームアプリやネットショップなどを誰でも自由につくることができるようになります。

ブロックチェーンの技術を利用しているので、ネットショップであれば、手数料がかからず、過去の購買履歴も永久に消えないため、信頼性の高い取引を行うことができるというのも大きな特徴です。

 

EOSの特徴

EOSはいうなれば、仮想通貨の「イーサリアム(ETH)」に似ています。

では、イーサリアムとはどのような違いがあるのでしょうか。

EOSの大きな特徴として以下の2つを挙げることができます。

  • 一度に取引できる量が桁違いに多い
  • 取引手数料が無料

それぞれについて説明していきましょう。

 

一度に取引できる量が桁違いに多い

EOSの特徴として、一度に取引できる量が桁違いということが挙げられます。

具体的には

  • ビットコイン(BTC)の取引量
    約3件/秒
  • イーサリアム(ETH)の取引量
    約30件/秒
  • EOSの取引量
    1,000,000件/秒 以上
    (数百万件/秒にも及ぶそう)

とのことで、圧倒的に処理能力が高いのです。

取引する人が増えても待ち時間なく処理できるということで非常に便利。

今後大いに活躍することを見越して人気が出ています。

 

取引手数料が無料

EOSがさらに人気の特徴として、取引の手数料が無料というものがあります。

EOSでいくら取引しても無料なため、利便性が非常に高くなっています。

ふつう、仮想通貨を取引する際には少なからず手数料がかかりますが、EOSはたくさん取引きしても手数料ゼロ。

これは人気が出ないわけはありません。

 

こうした特徴の利便性・実用性が大きく期待されており、EOSは人気が出ているんですね。

 

EOSについてまとめ

EOSについてあらためて以下にまとめておきましょう。

  • 「EOSトークン」は「仮想通貨EOS」を開発するために発行されている
  • EOSトークン自体には利用用途がない(価値がない)
  • EOSはブロックチェーンをつかったアプリ製作のプラットフォーム
  • 一度に取引できる量が桁違いに多い
  • 取引にかかる手数料はゼロ、無料

 

現在発行されているトークンには価値がないにもかかわらず、購入している人が多いのは、トークンによる利益が今後付与されるかもしれないと、投資家が考えているからなのでしょうか。

確かに機能的であり将来開発中の仮想通貨EOSは期待できるものです。

どちらにせよ、投資判断は自己責任ですので手にするかどうかは慎重に検討するとよいですね。

 

以上、今回はEOSについて学びました。

ヒデヨシ

 

Photo: https://eos.io/

 

EOS

無料メールマガジンの登録はこちら

▼メールアドレスを入力して【送信】

メルマガ購読・解除
初心者がゼロから学べる仮想通貨・ビットコイン


バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ