ERC20とは? 仮想通貨初心者にもわかりやすく解説

ERC20 ウォレット

こんにちは、ヒデヨシです。

仮想通貨について調べていると見聞きする「ERC20」という言葉。

「ERC20対応のウォレット」なんて言いますが、一体何なのでしょうか。

今回は、そんな「ERC20」についてわかりやすくまとめて学んでいきます。

 

ERC20とは?

「ERC20」は仮想通貨やトークンを開発するときの規格です。

以下の頭文字をとった略語となります。

Ethereum Request for Comments: Token Standard #20

これは「イーサリアムの仕様について議論しているコミュニティの20番目の議題」という意味。

このコミュニティで話し合われたものが、イーサリアムに実際に反映されていきます。

 

イーサリアムとの関係

仮想通貨の一つに「イーサリアム(Ethereum)」というものがあります。

イーサリアムはアプリを開発するプラットフォーム(土台)であり、イーサリアムの場を利用して様々なアプリを開発することができます。

実は、仮想通貨やトークンは、その利便性の高さからイーサリアムの土台をもとに開発されているものが多いのです。

つまり、ERC20はイーサリアムをもとに作られた仮想通貨やトークンの仕様について話し合われているものになります。

 

※イーサリアム、トークンについては以下の記事で説明しているので、参考にしてみてください。

 

ERC20は特に仮想通貨やトークンを保管するための「ウォレット」に適用されています。

以下では、ERC20がウォレットとどのように関係しているのかを説明していきましょう。

 

ウォレットとは?

仮想通貨の「ウォレット」とは、文字通り、仮想通貨を保管しておくための財布です。

財布といっても、仮想通貨は電子データなので、ウォレットはスマートフォンのアプリのようなものになります。

そして、お金をいくら持っているかはインターネットのクラウド上に保存されており、使いたいときにQRコードを読み取って仮想通貨をお店に送金したりします。

ウォレットの大きな特徴として、1つのウォレットには1種類の仮想通貨しか入れることができません。

これはなかなか面倒な特徴で、複数の仮想通貨を持っていたとき、

  • Aのコインを入れるためには「A」専用のウォレット
  • Bのコインを入れるためには「B」専用のウォレット
  • Cのコインを入れるためには「C」専用のウォレット

のように、いちいち仮想通貨を専用のウォレットに分けて管理する必要が出てくるのです。

利用する側としては、管理が大変でとても不便ですね。

これは開発者側としても不便で、仮想通貨の開発者はそのコインの専用ウォレットを作らなくてはなりません。

ゼロベースからウォレットを作るのではとても手間がかかり、ウォレットを提供するまでにも時間がかかったりと、待たせているユーザーにも不便をかけてしまいます。

 

そこで、この不便さを解消するために「ERC20」という規格が誕生しました。

 

ERC20に対応したウォレットは便利

ERC20に対応したウォレットとは、簡単に言えば「ERC20のルールに則って開発されたコインなら何でも保管できる財布」ということ。

これにより、今まではコインごとに専用のウォレットを用意していたものが必要なくなり、「ERC20対応のウォレット」一つで済むようになるのです。

開発者側としても、開発しているコインに合わせてわざわざ専用のウォレットを作る必要がないので、負担が軽くなり、自分の提供するサービスに集中することができるようになります。

 

ERC20対応のウォレット「MyEtherWallet」

ERC20対応ウォレットで有名なものにMyEtherWallet(マイ・イーサ・ウォレット)があります。

作成が簡単で、日本語にも対応している今人気のウォレットです。

また、さまざまな仮想通貨やトークンの受け取りに活用することができます。

もし仮想通貨に興味があるけれどまだ作成していないのでしたら、すぐにできますので作成しておくことをおすすめします。

ただし、ウォレットの情報を紛失しないように気をつけましょう。

 

ERC20に対応しているコインを確認できる「Etherscan」

Etherscan(イーサスキャン)というサイトにて、ERC20対応のコインを調べることができます。

検索ボックスに調べたいコインの名称を入力すると、詳細を見ることができます。

自分が手に入れようとしているコインがERC20対応かどうか調べる際に活用してみてください。

 

注意!ウォレットのアドレス確認はしっかりと行うこと!

ウォレットを作成すると、自分のウォレット専用の(世界に一つだけの)アドレスが発行されます。

どんなウォレットにも共通することですが、自分のウォレットのアドレスを間違えて相手に教えてしまい、相手がその間違えたアドレスに仮想通貨なりトークンなりを送信してしまった場合、取り消しができません。

間違ったアドレスに送られてしまった仮想通貨やトークンは、最悪の場合消滅してしまうので、二度と帰ってこないものと思いましょう。

仮想通貨は自己責任で運用しなくてはならないのです。

ですから、相手に自分のウォレットアドレスを知らせるときは、しっかりとチェックすることが大切です。

 

セキュリティリスクがあることを忘れずに

そして、さらに注意があります。

ERC20対応のウォレットは一か所にコインをまとめて保管できるのでとても便利なものです。

しかし、反対に言えば、その一か所にトラブルがあると、そこに保管している仮想通貨すべてに影響がでることを考慮しておかなくてはなりません。

ですから、忘れたりなくしたり盗まれたりしないように、ウォレットの情報の管理には細心の注意を払う必要があります。

これは、普段の生活でも同じです。

大金を一つの財布に入れておけば便利ですが、なくしたときのリスクが大きい。

大金をいくつかの財布に分散させておくこともできますが、利便性に欠ける。

ジレンマですね。

ですから、個人のスタイルに合わせて保管する方法を検討することが求められます。

 

ERC20についてまとめ

ERC20についてあらためて以下にまとめておきましょう。

  • 「ERC20」は仮想通貨やトークンを開発するときの規格
  • 仮想通貨を保管しておく財布を「ウォレット」という
  • 基本的に仮想通貨は専用のウォレットにしか保管できない
  • ERC20対応のコインとウォレットなら、複数種類の仮想通貨を一か所で保管できる
  • ウォレットの運用は自己責任
  • セキュリティのリスクがあることを忘れない
  • 自分の財布の管理は自分の責任で行う

 

以上、今回はERC20について学びました。

ヒデヨシ

 

Photo: Descryptive.com

 

ERC20 ウォレット

無料メールマガジンの登録はこちら

▼メールアドレスを入力して【送信】

メルマガ購読・解除
初心者がゼロから学べる仮想通貨・ビットコイン


バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ