イーサリアムのガス(Gas)とは? 仮想通貨初心者にもわかりやすく解説

Ethereum Gas

こんにちは、ヒデヨシです。

仮想通貨イーサリアム系の人気ウォレットである「My Ether Wallet(マイ・イーサ・ウォレット)」

利用するときに「Gas」というものがかかるようなのですが、いったい何なのでしょうか。

今回は、MyEtherWallet やイーサリアムにかかわってくる「Gas」について、わかりやすくまとめて学んでいきます。

 

Gasとは?

「Gas」とは、簡単に言うと、イーサリアムを利用するときの手数料です。

イーサリアムとは、ブロックチェーン技術を用いたアプリケーションの開発プラットフォームです。

※イーサリアムについては以下の記事で詳しく説明していますので参考にしてみてください。

 

イーサリアムは仮想通貨と思われがちですが、正確には違います。

「イーサリアム(Ethereum)」はアプリケーションの開発プラットフォーム。

そのプラットフォーム上で取引できる仮想通貨が「イーサ(Ether)」になります。

一般的に言われている仮想通貨のイーサリアムとはこの「イーサ(Ether)」のことを指していますので留意しておきましょう。

そして、イーサリアムのプラットフォーム上で送金などの取引をすると手数料がとられます。

その手数料が「ガス(Gas)」です。

Gasという名称ではありますが、実際はイーサ(Ether)により手数料を支払います。

これらの関係をたとえるなら、「イーサリアム」というアプリ開発専門の国があり、その国で使える通貨が「イーサ」、その国の消費税が「Gas」というイメージです。

 

My Ether Wallet とは?

MyEtherWalletは、イーサリアムのイーサ(Ether)をはじめとしたイーサリアムベースの仮想通貨を管理するためのウォレット(財布アプリ)です。

▼関連記事(イーサリアムベースのウォレットについて)
ERC20とは? 仮想通貨初心者にもわかりやすく解説

とても人気があり、誰でも簡単に仮想通貨のウォレットを作ることができます。

この、MyEtherWalletから送金などの手続きをするときも手数料としてGasがかかります。

 

イーサリアムのGasのしくみ

イーサリアムの手数料であるGasはなぜかかるのかというと、大きく2つの理由があります。

  • システム維持(マイナーへの報酬)
  • セキュリティ性の向上

以下に説明していきましょう。

 

システム維持(マイナーへの報酬)

イーサリアムはブロックチェーンという技術を利用して動いています。

ブロックチェーンは、世界中の利用者全員で管理しているという特徴があります。

その管理している人の中には「マイナー」というブロックチェーン上の取引を承認する人たちがいます。

「この取引は正しく成立しました」ということをチェックしている人たちです。(この作業をマイニングと呼びます)

この人たちはブロックチェーン上の取引の承認作業をするかわりに、報酬(手数料)として「Ether」を受け取っています。

つまり、Gasはマイナーたちへの報酬として使われているのです。

マイニングをしてくれるマイナーたちがいなくなると、ブロックチェーンのシステムが維持できなくなります。

マイナーたちのモチベーションは、この報酬によって維持されているため、Gasはイーサリアムのブロックチェーンシステムを維持するうえで重要な役割を担っているんですね。

ちなみに、こうしてイーサリアムのシステムを維持するための「燃料」という意味合いから「Gas」という名前になっています。

 

セキュリティ性の向上

イーサリアムのサービスは誰でも利用することができます。

しかしその反面、外部からの攻撃もたくさん受けています。

有名な攻撃に「DOS攻撃」があります。

DOS攻撃とは、システムに意図的に高い負荷をかけて正常な運用を妨害したり、セキュリティの穴をついて不正をはたらいたりするサイバー攻撃です。

DOS攻撃をされると、システムに高い負荷がかかるので、手続きのスピードが遅くなったり止まったりするので、管理者や利用者は迷惑を被ることになります。

たとえるなら、マンションのエレベーターのボタンを全部押して逃げるイタズラのようなもの。非常に迷惑ですね。

Gasは、こうしたサイバー攻撃を防ぐことにも活用できます。

具体的には、イーサリアムのプラットフォーム上では取引をするたびに手数料(Gas)がかかるようになっているのです。

これは、エレベーターの例でいうと、フロアのボタンを一つ押すたびに手数料がかかるようになっているイメージ。

こうなると、全部のボタンを押すイタズラをしたくても、ボタンを押すたびに手数料が取られて自分が払う金額が大きくなるので、結果的にイタズラできなくなります。

このように、Gasは単なる手数料ではありますが、イーサリアムのシステムを正常に維持するために大いに活躍しているのです。

 

Gasはイーサリアムのシステムに必要な仕組みだということがわかりましたが、手数料を支払うのはわたしたち利用者です。

実際にこの手数料がどのくらいかかってくるのかは知っておきたいところ。

ここからは、Gas手数料がどれくらいかかるのかについて説明していきましょう。

 

必要なGas量とは

ブロックチェーン上での取引をするためには、マイニング作業が必要になります。

このとき、処理する取引の量に応じて、必要なGas量(手数料)が変わってきます。

処理する取引が少なければ少ないGas量ですみ、処理する取引が多かったり複雑だったりするとたくさんのGas量が必要になります。

 

手数料であるGasの算出

手数料として支払うGasの算出には「Gas Price」「Gas Limit」の2つの要素が関係してきます。

 

Gas Price は、単位当たりのガス料金です。

たとえるなら、1リットルのガソリンが何円するのかといったイメージ。

自分で任意の値に設定することができます。

ちなみに、単位は「Gwei」

1(Gwei)=0.000000001(Ether)

となります 。

 

Gas Limit は、使うGasの最大量です。

たとえるなら、ガソリンを入れるタンクの大きさといったイメージ。

こちらも自分で任意の値に設定することができます。

また、Gas Limitは送金先のトラブルなどによって無限に手数料が取られることを防ぐ目的もあります。

タンクに入っている以上のガソリンは使わない、ということです。

 

以上の2つを掛け合わせた以下の式により求められた値

Gas = 「Gas Price」x「Gas Limit」

が、わたしたちが支払う最大手数料です。

この最大手数料の範囲内で、実際にかかった分だけ自動的にGasは支払われます。

毎回最大手数料分のGasを支払うわけではありませんので安心してください。

 

ちなみに、イーサリアムの取引で実際にかかった手数料は以下のサイトから調べることができます。

▼関連リンク
Etherscan

確認の手順(中級者向け)

  1. 自分のトランザクションID(TX ID)をコピー
  2. Etherscanの検索BOXにトランザクションIDをペーストし検索

 

また、仮想通貨取引所を利用している場合は手数料が一律で決まっていたりしますので取引所のページにて確認してみてください。

 

ここまで見ると、最大手数料の設定を単に低くしておけばたくさん支払わずに済むのでは?と思うかもしれませんが、そう上手くはいきません。

これは、Gas手数料に対する処理スピードが関係してくるためです。

 

Gas手数料と処理スピード

イーサリアムのプラットフォーム上で送金などの取引をするとき、支払う手数料を多くすればするほど、自分の手続きを優先的に処理してくれるという特徴があります。

なぜなら、先ほど説明したマイニングをする人たちは報酬を目当てに承認作業をしているので、支払ってくれる手数料が高い人を優先してしまうからです。

ですから、自分で設定できる「Gas Price」と「Gas Limit」を小さくしてしまうと、支払うGas手数料は安くて済みますが、いつまでも取引が処理されないという状況になります。

最悪、処理に必要な手数料が不足していると、取引失敗になることもあります。

ですから、「Gas Price」と「Gas Limit」は適切な値に設定しておく必要があり、そうすることで無駄なく効率的に取引することができるようになります。

 

「Gas Price」の設定目安は以下のサイトより調べることができますので参考にしてみてください。

▼関連リンク
ETH Gas Station

確認の手順

  1. ETH Gas Stationにアクセス
  2. 右下付近にある「Recommended Gas Prices」の値を確認

 

また、MyEtherWalletを利用するとき、「Gas Limit」は21000Gasが初期値となっていますが、イーサリアムの送金だけなら値を変える必要なくそのままでOKです。

 

「Gas Price」と「Gas Limit」の2つのパラメータは、初期値のままにしておけば基本的な取引はできますので、よくわからない場合は数値を下手に変更しないことをおすすめします。

 

イーサリアムのGasについてまとめ

イーサリアムのGasについてあらためて以下にまとめておきましょう。

  • Gasはイーサリアムのプラットフォームを利用するときにかかる手数料
  • マイナーへの報酬、セキュリティ性の向上として使われている
  • 手数料は「Gas Price」と「Gas Limit」を設定する必要がある
  • こちらが支払う最大手数料を大きくするほど、処理される取引の優先度が上がる
  • 手数料が低すぎると取引が処理されない恐れがあるため気を付ける

 

以上、今回はイーサリアムのGasについて学びました。

ヒデヨシ

 

Photo: Steve Walser via flickr

 

Ethereum Gas

無料メールマガジンの登録はこちら

▼メールアドレスを入力して【送信】

メルマガ購読・解除
初心者がゼロから学べる仮想通貨・ビットコイン


バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ