ICOとは? ビットコイン・仮想通貨初心者にもわかりやすく解説

ICO

こんにちは、ヒデヨシです。

ビットコインのことを調べているとよく見聞きする単語「ICO」

一体どういったものなのでしょうか。

今回は、「ICO」についてわかりやすく学んでいきます。

 

ICOは何の略?

ICOは「Initial Coin Offering(イニシャル・コイン・オファリング)」の略です。

  • Initial(イニシャル):初期の、最初の
  • Coin(コイン):通貨、コイン
  • Offering(オファリング):売り出し、募集、申し込み

日本語訳では「初期のコイン売り出し」となります。

 

ICOはいったい何なのか?

では、ICOはいったい何なのかというと、「ビジネスを新しく始めたい会社が資金集めのために行う仕組み」です。

このとき、集めるお金は「円」や「ドル」といった現実にあるお金ではなく、ビットコインなどの仮想通貨によって資金を集めるのが大きな特徴です。

ICOの簡単な流れは以下のようになります。

  1. 企業が新しいビジネスを始めたいと考える
  2. よし、ICOで資金を調達しよう
  3. 企業独自の仮想通貨(トークン)をつくる
  4. 企業がつくったトークンを投資家や個人に仮想通貨で買ってもらう
  5. ビジネスを始めるための資金が集まる

 

トークンとは?

ICOで資金を集めてビジネスを始めたい企業は、自分で新しい「トークン」と呼ばれるものを作ります。

トークンとは簡単に言うと「限定プレミアチケット」です。(正確に言うと少し違うのですが、便宜上、このように表現しております)

ビットコインといった仮想通貨と同じように実体はなく、電子データになります。

限定プレミアチケットであるトークンを持つことで、買い手は以下のようなメリットを得ることができます。

  • 持っているとその企業の提供する独自のサービスを受けることができる
  • 後に人気が出てトークンの価値が高くなったら売って利益を得ることができる

ICOでは、企業側はトークンを売る、買い手側はトークンを買うことで成り立ちます。

 

ICOのプレセール

ビジネスを始めたい企業がICOをする際、プレセールを実施することがあります。

これは一定期間に数量限定でトークンを普通よりも「安く」売る、いわばバーゲンセールになります。

投資家や個人の買い手は、トークンを安価で手に入れることができるので、このセールにこぞって参加します。

ですので、将来的に伸びそうだと期待される企業のトークンは人気になり、即完売となることもしばしば。

プレセールは何回かに分けて行われることも多く、後に行われるセールになるにつれてトークンの価格は高くなっていく傾向にあります。

できるだけ安くトークンを手に入れたいですから、仮想通貨の投資家はICOの情報に敏感になり、常日頃から情報収集をしているのです。

 

ICOのメリット・デメリット

ICOにはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

売り手(新しいビジネスを始めたい企業)と買い手(投資家や個人)の視点からまとめておきます。

売り手のメリット

  • 資金調達の手間が少なく簡単

 

売り手のデメリット・リスク

  • 極めて魅力的な内容でないとトークンが購入されない

 

買い手のメリット

  • トークンをとても安価で手に入れることができる
  • トークンの価値が上がれば売却益を得られる
  • トークンを持っている人への特別サービスを場合によっては得られる

 

買い手のデメリット・リスク

  • 正確な情報を得るのがとても難しい
  • 詐欺かもしれないリスクがある
  • その企業のビジネスが頓挫するリスクがある

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

売り手のメリット

資金調達の手間が少なく簡単

今までは新しいビジネスを始める資金集のために以下のような方法がとられていました。

  • 銀行からお金を借り入れる
  • 投資家にお金を投資してもらう
  • 株式を発行する

 

これらのように銀行から借り入れるにも、投資家に出資してもらうにも、株式を発行するにも、間に人や組織が入り込むことになるので、時間と労力が必要になっていました。

しかし、ICOを利用することで

  • 仲介するものがないので時間と手間がかからない
  • 借入しないので返済の必要がない
  • インターネット上で完結できる

 

といった恩恵を受けることができ、ビジネスの資金集めのハードルがぐっと下がりました。

この新しい資金集めの仕組みによって、ビジネスが加速して、より便利な世の中になることが期待されます。

 

売り手のデメリット・リスク

極めて魅力的な内容でないとトークンを買ってもらえない

トークンを購入する投資家や個人は、トークンの価値が将来的に大きく上がったときの売却益を基本の目的としています。

ですから、将来的に価値が大きく上がるものだと強く判断できる極めて魅力的なものでないと、手を出しません。

ICOにより資金調達のハードルは下がりましたが、だからといって、ビジョンのないビジネスを提供することは結局のところ受け入れられないのです。

 

買い手のメリット

トークンをとても安価で手に入れることができる

ICOで企業から発行されるトークンは、初売りセールのようなもので、とても安価で購入することができます。

人気があるものは競争が激しくてすぐに売り切れてしまうこともあるため、情報収集が勝負のカギになります。

 

トークンの価値が上がれば大きな売却益を得られる

安価で手に入れたトークンの価値が将来的に高くなると、そのトークンを売ることで得られる売却益も大きくなり、一気に億万長者になることもできます。

 

トークンを持っている人への特別サービスを受けることができる

また、場合によっては企業の発行するトークンをもっていることで、様々なサービスも受けることができます。

株主優待のようなものです。

高値で売るか、そのまま保持するか悩ましいですが、自分のライフスタイルに合わせて判断していきましょう。

 

買い手のデメリット・リスク

正確な情報を得るのがとても難しい

ICOの案件は一企業が単独で行うことができるので、その情報を見つけるのがとにかく難しいのが難点です。

将来有望なベンチャー企業のICOでも、見つけることができなければ意味はありません。

常に情報へのアンテナを張って探し続ける必要があります。

 

その企業のビジネスが頓挫するリスクがある

企業が資金調達に成功して、ビジネスを始めたとしても思ったよりもうまくいかず、途中でサービスが終わってしまう可能性もあります。

そうなると、自分が保有しているトークンの価値は大きく下がり損をすることになってしまいます。

ICOで無事にトークンを手に入れることができても気を抜くことはできません。

 

詐欺かもしれないリスクがある

ICOは億万長者になれるポテンシャルを秘めた魅力的なものですが、その利点を逆手にとって詐欺を行う業者も後を絶ちません。

一見魅力的なICOに見せかけて資金を集め、サービスを提供せずにそのまま雲隠れしてしまうのです。

そうなれば泣き寝入りするしかありません。

投資はすべてが自己責任ということを常に心にとどめておきましょう。

 

ICOでなるべく正確な情報を手に入れて賢い判断をするために

リスクを考えると、ICOに手を出しにくくなってしまいそうですが、投資の判断材料になる情報を手に入れる方法はいくつかあります。

以下のようなものが一般的です。

  • ICOを実施しているサイトを見る
  • ICOのホワイトペーパーを読む
  • ICOレーティング(評価)サイトをチェックする

 

ICOを実施しているサイトを見る

ICOを実施するにはインターネット上に特設ページをつくり、そこで資金を募るのが基本。

そのICO特設サイトを見て、気になっている企業が信用できるかを判断します。

以下のような情報に着目してみるとよいでしょう。

  • サイト自体が良くできているか。陳腐でないか。
  • ホワイトペーパーはあるか(後述)
  • どのようなビジネス内容か
  • どのようなスケジュールでビジネス展開を考えているのか
  • 資金提供者はどのようなリターンを得られるか
  • どのような人、チームによって運営されているのか
  • 集めた資金はどのように使うのか
  • 有名なスポンサーがついているか
  • メディアの掲載はあるか
  • 現段階でどのくらいの量のトークンが売られたか
  • 仮想通貨取引所に上場予定はあるか

など。

ちなみに、ICOのサイトは英語で書かれていることが多いので、英語の知識は必須です。

語学が苦手ならグーグル翻訳などを駆使して読み進めましょう。

 

ICOのホワイトペーパーを読む

ホワイトペーパーとは、ICOの内容について詳しく書かれた書類です。

基本的にICOの特設サイト内にPDFデータとしてダウンロードできるようになっています。

特設サイトはその企業の提供するビジネスの概略をわかりやすく表現しているのですが、ホワイトペーパーはさらに一歩踏み込んだ詳しい内容が書かれています。

ホワイトペーパーの読み込みは必須です。

読み込んだうえで、この事業が魅力的なのかを判断するようにしましょう。

ちなみに、ホワイトペーパーも基本的に英語で書かれています。

 

ICOレーティング(評価)サイトをチェックする

無数にあるICO、専門性もない自分一人で投資の判断をするのはとても難しい。

そこで、レーティング(評価)サイトを活用します。

レーティングサイトでは、世界中で実施されているICO案件をまとめており、その道の専門家が、一つ一つのICOが魅力的かどうか評価しています。

以下のようなものがICOレーティングサイトです。(やっぱり英語です)

一つのサイトの評価だけを見るのではなく、複数のサイトの評価を見て総合的に判断するのがよいでしょう。

新しいICO案件も発見できたりと見ていて面白いですよ。

ICOを探すのにも活用できます。

 

ICOについてまとめ

以上、ICOについて学んできました。

最後にまとめておきましょう。

  • ICOは「Initial Coin Offering」の略で、仮想通貨を利用した新規ビジネスに向けた資金調達の仕組み
  • 企業の発行したトークンを投資家が仮想通貨によって購入することで、企業は資金調達を行う
  • ICOはトークンを安価で手に入れるチャンス
  • トークンの価値が高まれば大きな売却益を得ることができる
  • 情報収集に常に神経をとがらせ、詐欺に十分注意し、自己責任で投資する

 

億万長者になれる可能性を秘めたICOですが、一歩間違えれば大損する可能性もあります。

ICOに参加する際は、情報を鵜呑みにせず、リスクを回避・分散して、上手に投資しましょう。

 

もし、ICO詐欺かもしれないと思ったら以下の記事も参考にしてみてください。

 

以上、今回は、仮想通貨のICOについて学びました。

ヒデヨシ

 

ICO

無料メールマガジンの登録はこちら

▼メールアドレスを入力して【送信】

メルマガ購読・解除
初心者がゼロから学べる仮想通貨・ビットコイン


バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ