仮想通貨の上場とは? ビットコイン初心者にもわかりやすく解説

仮想通貨の上場

仮想通貨のことを勉強していると、「○○が上場!」というようなフレーズを見聞きします。

この「上場」って一体何なのでしょうか。

今回は、仮想通貨の「上場」についてわかりやすく学んでいきます。

 

仮想通貨の上場とは?

仮想通貨の上場とは、一言でいうと「仮想通貨取引所で新しいトークンを売買取引できるようになること」です。

(トークンとはICOの際に企業が発行した「限定プレミアチケット」のこと。ビットコインなどの仮想通貨によって買うことができる。)

 

新しいトークンとは?

ICOでつくられた新しいトークンは、新規にビジネスを始めたい企業が資金集めのために発行した「限定プレミアチケット」です。

企業が資金を調達した後、魅力的なサービスを提供して人気が上がると、それにつられてそのプレミアチケットの価値も高まります。

価値が上がったところでそのプレミアチケットを売れば、自分が買ったときよりも値上がりしているので多くの売却益を得ることができます。

このプレミアチケット、いわゆるトークンを手に入れて売ることで投資家たちは利益を得ようとICOに参加しているのです。

 

仮想通貨取引所に上場していないとトークンの売買ができない

このトークンを売買するには仮想通貨が必要になります。

ところが、仮想通貨を持っていても、トークンの売買取引はできません。

売買取引を行うには、お店のような「場所」が必要なのです。

その売り買いの場所になるのが「仮想通貨取引所」というわけです。

 

先にお話したように、上場することとは仮想通貨取引所でトークンの売買ができるようになることです。

反対に言えば、仮想通貨取引所に上場しないことには、トークンを売りたくても売ることができません。

これではせっかくトークンが値上がりしていても、良いタイミングで売ることができません。

最悪、上場できなければそのトークンを売ることができずに、いつまでも保有し続けることになってしまうのです。

 

仮想通貨取引所への上場はみんなが望んでいる

というわけで、ICOで手に入れた限定プレミアチケットこと「トークン」は仮想通貨取引所という場がなくては売り買いできません。

反対に、上場が決まっているトークンは自由に売り買いできるようになるので人気が上がり、それにつられてトークンの価値が上がる傾向にあります。

人気の仮想通貨・トークンが上場して「10倍」なんて高値をつけるのはそういった背景があるんですね。

ですから、自分がICOに投資するかどうかの判断材料として、上場の可能性が高いか・低いかも見ておくとよいでしょう。

 

大手の仮想通貨取引所に上場するかもポイント

上場したトークンは、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨で買ったり売ったりするのが基本。

ただ、上場が決まっているといっても、大手の取引所ではなくマイナーな海外の取引所である場合は注意が必要です。

というのも、自分がいくらトークンを売りたいといっても、仮想通貨の取引量が低くて買い手が見つからず、売買が成立しない可能性があるからです。

それに対して大手の取引所では一日の取引量が多く、取り扱っている仮想通貨の種類も豊富なため、比較的安定して売買をすることができます。

小さい屋台で買い手を探すのと、大きなスーパーで買い手を探す、どちらがより効率がいいかといえば後者になりますね。

それと同じことと考えればわかりやすいでしょう。

 

仮想通貨取引所への上場についてまとめ

ここまで、仮想通貨取引所への上場について学んできました。

ここまでをあらためてまとめておきましょう。

  • 仮想通貨やICOで手に入れたトークンを売買取引できる「場所」が仮想通貨取引所
  • 仮想通貨取引所で新しく売買できるようになることを「上場」という
  • 上場ていないトークンは取引できない
  • 上場する予定のトークンは人気がでやすい
  • 大手の取引所に上場したほうが安定して取引できる

 

 

以上、今回は仮想通貨の上場について学びました。

ヒデヨシ

 

Photo: Descryptive.com via flickr

仮想通貨の上場

無料メールマガジンの登録はこちら

▼メールアドレスを入力して【送信】

メルマガ購読・解除
初心者がゼロから学べる仮想通貨・ビットコイン


バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ