ネオ(NEO)とは? 仮想通貨初心者にもわかりやすく解説

NEO-smart-economy-logo

こんにちは、ヒデヨシです。

仮想通貨を調べていると、見聞きする「NEO」というワード。

いったい何なのでしょうか。

今回は仮想通貨の「NEO」についてわかりやすくまとめて学んでいきます。

 

NEOとは?

「NEO」はビットコインと同じ仮想通貨の一種です。

現実世界では「円」「ドル」「人民元」「ユーロ」のようにたくさんの種類の通貨が存在していますが、それと同じように、NEOはたくさんの種類がある仮想通貨のうちの一つになります。

通貨の単位は名前と同じく「NEO」です。

 

ちなみに、NEOは中国発祥の仮想通貨であり「スマートコントラクト」という機能(後述)を持っているため、「中国版イーサリアム」とも呼ばれています。

イーサリアムについて知らない場合は、先にそちらについて学んでおくと理解がスムーズになるのでおすすめです。

 

NEOが生まれた目的

NEOはスマートエコノミーを実現するために生まれました。

スマートエコノミーとは、インターネットなどのテクノロジーを活用した経済圏です。

最新テクノロジーにより世の中を便利にして経済をもっと活性化させ、わたしたちの生活を豊かにしようというもの。

具体的には以下の3つを軸とした経済の発展を目指しています。

  • Digital Assets
    仮想通貨などのデジタル資産を簡単に管理できるようにする
  • Digital Identity
    インターネット上で個人を証明できるようにする
  • Smart Contract
    自動契約を取り入れることで契約活動を便利にする

この3つを基本軸として、最新のテクノロジーを取り入れ、世の中をより便利に、より経済活動が活発になるような未来をNEOは目指しています。

(※「経済活動」とは買い物などといった、お金をつかった活動のこと。)

 

世の中にはたくさんの仮想通貨がありますが、NEOは他の仮想通貨とどのような違いがあるのでしょうか。

ここからは、有名な「ビットコイン」と「NEO」を比較して、NEOがどのようなものなのかを説明していきましょう。

 

ビットコインとNEOの違い

ビットコインとNEOは仮想通貨ではありますが、以下のように大きな違いがあります。

  • ビットコインはブロックチェーンをつかった「お金の取引」がメイン。
  • NEOはブロックチェーンをつかった「アプリの製作」がメイン。

ブロックチェーンとは、簡単に言うと、「改ざんできない」「情報が消えない」「誰でも閲覧できる」記録技術です。

※「ブロックチェーン」については以下の記事でわかりやすくまとめて解説しています。

どういうことか、説明していきましょう。

 

ビットコインとはどんなもの?

まず、ビットコインについて簡単におさらいしておきます。

ビットコインが生まれた目的は「世界共通の通貨をつくる」こと。

日本でも、アメリカでも、中国でも、フランスでも、どこでも一つの通貨で旅行や買い物ができたら、両替で手数料もとられず、手間もかからずとても便利になりますね。

そのために、ブロックチェーンの技術を利用して世界共通で使える通貨としてビットコインが誕生しました。

 

NEOはアプリケーション開発プラットフォーム

それに対してNEOが生まれた目的は「世界共通のアプリケーションの製作プラットフォームをつくること」です。

わかりやすくたとえるなら「LEGO(レゴ)ブロック」

レゴブロックは、世界共通のものづくりのプラットフォームです。

お城をつくるもよし、船をつくるもよし、車をつくるもよし、ロボットをつくるもよし。

「レゴブロック」という共通のプラットフォーム、すなわちものづくりの基盤となる環境を通して、誰でも自由にものづくりができます。

NEOはレゴブロックと同じように、誰でも自由にブロックチェーン技術を活用したアプリをつくる「環境」を提供しているのです。

NEOのプラットフォームを活用することで、たとえばゲームアプリやネットショップなどを誰でも自由につくることができるようになります。

ブロックチェーンの技術を利用しているので、ネットショップであれば、過去の購買履歴が永久に消えないため、信頼性の高い取引を行うことができるというのも大きな特徴です。

 

NEOの特徴

そのほかにも、NEOにはいくつもの特徴があります。

  • 一度に処理できる取引量が多い
  • スマートコントラクトが実装されている
  • 使えるプログラミング言語が豊富
  • NeoGasトークンの発行

それぞれ詳しく説明していきましょう。

 

一度に処理できる取引量が多い

NEOは一度に処理できる取引量がとても多いという特徴をもっています。

具体的には、1秒間に約1,000件もの処理を行うことができます。

代表的な仮想通貨であるビットコインやイーサリアムの処理能力は1秒間に10~30件前後ですので、その能力の高さがわかりますね。

処理スピードが遅いと、市役所の行列に並ぶように、自分の取引が処理されるまでに時間がかかってしまいとても不便です。

NEOは、多くの人の取引をスムーズに処理することができるので、ストレスなく使うことができる利便性の高い仮想通貨なのです。

 

スマートコントラクトが実装されている

NEOには「スマートコントラクト」という機能が備わっています。

スマートコントラクトとは、仮想通貨の取引に「自動契約」の機能を追加したものです。

シンプルなイメージでいうなら、「自動販売機」がよい例でしょう。

自動販売機で飲み物を買うということは、言い方を変えると

  1. 決められたお金を入れる
  2. 欲しい商品を選ぶ

という条件を満たしたときに、選んだ飲み物を渡すという契約を自動的に結んでいることになります。

いくつかの条件があり、それを満たしたときに契約が成立して自分の求めるサービスを得ることができる。

これがスマートコントラクトのシンプルな仕組みです。

分かりやすい例でいえば、たとえば、一人暮らしの家の賃貸契約なんかも将来的にはインターネット上でできるようになるでしょう。

  1. インターネットの賃貸サイトで良い物件を見つける
  2. 月一回、仮想通貨での家賃支払いの契約を結ぶ
  3. 家のカギは電子キーになり、スマートフォンで受け取り
  4. 人を介さずに賃貸契約完了

このように、人を介さずに契約ができるので、手数料や時間がかからず便利になります。

そして、スマートコントラクトはブロックチェーンを使った技術のため、「改ざんができない」「情報が消えない」という特徴をもっています。

この2つの特徴は「契約」には欠かせないもの。

ですから、スマートコントラクトを活用することで、消えることのない、改ざんもできない契約書を残すことができるようになり、不正を防止した信頼性のある契約行為をインターネット上でできるようになるのです。

 

使えるプログラミング言語が豊富

NEOはアプリケーションの開発に使えるプログラミング言語がとても豊富という特徴があります。

NEOと同じようなアプリケーション開発のプラットフォームとして有名なものに「イーサリアム」があります。

イーサリアムの場合、アプリケーションを開発するためにはイーサリアム専用のプログラミング言語「Solidity」を扱えるようになる必要があります。

その場合、新しくプログラミング言語を習得する必要があるため、開発者にとっては大きな負担になってしまいます。

一方、NEOでは世界ですでに使われている主要なプログラミング言語で開発を行うことができます。

具体的には以下のようなもの。

  • C#/ VB.Net / F#、Visual Studio
  • Java / Kotlin、Eclipse
  • C / C ++ / GO
  • JavaScript / TypeScript
  • Python / Ruby

NEOのプラットフォームでは、世界で広く使われているプログラミング言語でアプリ開発をすることができるので、NEOのプラットフォームを導入するハードルが低くなっているのです。

これによって、ブロックチェーンを活用したアプリケーションの開発がどんどん進むことが期待されています。

 

NeoGasトークンの発行

NeoGasトークンとは、簡単に言うと、仮想通貨NEOのオマケです。

専用のウォレット(財布アプリ)にNEOを保管しておくことで、オマケとしてNeoGasを受け取ることができます。

オマケとは言いましたが、仮想通貨取引所で取引もされている、ちゃんと価値のあるものです。

このNeoGasは、NEOのプラットフォームを利用するときの手数料を支払うために使います。

NEOは、そのプラットフォームを利用するとき、手数料がかかる仕組みになっているのです。

これは、「イーサリアムGas」のNEOバージョンだととらえていただけるとわかりやすいです。

※詳しくは以下の記事で説明していますので、参考にしてみてください。

 

ただし、「NeoGas」には「イーサリアムGas」との違いがあります。

それは、

  • イーサリアムの手数料は、イーサリアムによって支払う
  • NEOの手数料は、NeoGasによって支払う

という点。

イーサリアムの場合は、手数料を同じ仮想通貨の「イーサリアム」で支払っていました。

たとえるなら日本で買い物したときの消費税を日本円で払うようなもの。

普通ですね。

これとは違い、NEOの場合は「NeoGasトークン」で手数料を支払います。

つまり、2種類をつかって取引を行うのです。

送金などのメインの取引は「NEO」で行い、その手数料は「NeoGas」で支払います。

たとえるなら日本で買い物したとき、品物の支払いは日本円で、消費税はUSドルで支払うようなイメージ。(少し極端ですが)

少しややこしいですが、NEOでの取引には「NeoGas」が必要になるんだと覚えておきましょう。

 

NEOについてまとめ

NEOについてここまで学んできたことを、あらためて以下にまとめておきましょう。

<NEOについてまとめ>

  • 中国発祥の仮想通貨
  • スマートエコノミーを実現するために生まれた
  • ブロックチェーン技術を使ったアプリの開発プラットフォーム
  • 一度に処理できる取引量が多い
  • スマートコントラクトが実装されている
  • 使えるプログラミング言語が豊富
  • 手数料の支払いにNeoGasトークンをつかう

 

NEOはその独自のアプリ開発プラットフォームを使って、以下のような機能を拡充させていく予定のようです。

  • スマートファンド
  • AI支援の法的なスマートコントラクト
  • ソーシャルネットワーキング
  • 自動トークン流動性プロバイダ
  • 分散型取引所
  • 安全な通信プロトコル
  • データ交換市場
  • 知的財産取引市場
  • 予測市場
  • 広告市場
  • ハッシュパワー市場
  • NeoGas市場

ちょっと難しいワードが並んでいますが、SNS、デジタル資産の管理、高いセキュリティの構築などをはじめとして、ブロックチェーン技術とNEOを使って世の中をさらに便利にしていくということのようです。

 

世界一の人口をほこり、経済発展、技術発展の中心地でもある中国の仮想通貨NEO。

マイクロソフト(Microsoft)やアリババ(Alibaba)とも友好的な関係にあるとのことで、大きな展開が見込まれている仮想通貨です。

NEOの今後の活躍が楽しみです。

 

以上、今回はNEOについて学びました。

ヒデヨシ

 

▼NEO公式サイト
https://neo.org/

▼NEOホワイトペーパー(日本語)
http://docs.neo.org/ja-jp/index.html

 

Photo: https://neo.org/

 

NEO-smart-economy-logo

無料メールマガジンの登録はこちら

▼メールアドレスを入力して【送信】

メルマガ購読・解除
初心者がゼロから学べる仮想通貨・ビットコイン


バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ