リップル(Ripple,XRP)とは? 仮想通貨初心者にもわかりやすく解説

XRP

こんにちは、ヒデヨシです。

仮想通貨について調べていると目にする「リップル(Ripple、XRP)」という言葉。

一体何なのでしょうか。

今回は「リップル(Ripple、XRP)」についてわかりやすくまとめて学んでいきます。

 

リップル(Ripple)とは?

Rippleロゴ

リップルはビットコインと同じ仮想通貨の一つです。

現実世界では「円」「ドル」「人民元」「ユーロ」のようにたくさんの種類の通貨が存在していますが、それと同じように、リップルはたくさんの種類がある仮想通貨のうちの一つになります。

通貨の単位は「XRP」です。

Ripple Inc.という会社がこの仮想通貨を発行しています。

 

リップルの目的

リップルができた目的は、「海外への送金や決済を早く、安く、正確に行うこと」です。

現在、国境をまたいでのお金のやりとりには大きく以下のような問題があります。

  • 送金に時間がかかる
  • 送金にかかる手数料が高い
  • 送金に失敗する可能性がある

海外送金にはコストがかかる

お金を海外へ送金するときには長い時間(数日)とたくさんの手数料がかかっていました。

これは海外の銀行へ送金するとき、海外のいくつかの銀行を経由するためです。

経由地が増えれば増えるほど時間も手数料もどんどん高くなってしまいます。

また、経由地が増えることでシステム上の、あるいは人為的なミスの可能性も高くなり、最悪の場合、送金に失敗する可能性もあります。

加えて、通貨を両替(ドル ⇒ 円など)する手数料もさらにかかってしまう。

こうした国境をまたいでの送金や決済による不便さを解消するためにリップルは誕生しました。

 

リップルの役割

リップルは独自の「リップルネット(RippleNet)」というネットワークを構築しています。

このリップルのネットワークは、簡単に言うと、世界各国の銀行同士をつないだ大きなネットワークです。

世界をつなぐXRP

その独自のネットワークを利用し、各国通貨の両替や送金処理をリップルが請け負います。

そうすることで、わざわざ海外の銀行をいくつも経由することがなくなり、送金や決済にかかる時間や手数料を大幅に短縮することができるようになります。

具体的には、時間でいうと「約3秒」、手数料でいうと「ほぼ0円($0.0004)」で済むとのこと。

XRPの性能

 

とんでもないですね。

 

送金の正確性も保証される

また、リップルのネットワークを利用することで、送金に失敗するといったトラブルもなくなります。

なぜ送金の正確性が保証されるのかというと、「ブロックチェーン」という技術を用いているためです。

ブロックチェーンとは、簡単に言うと「改ざんできない」そして「決して消えない」台帳です。

台帳とは過去の取引をすべて記録したノートのようなもの。

改ざんできず消失することもなく、すべての取引を確認することができるので、取引の信頼性が保証され、安心して利用することができるのです。

※ブロックチェーンについては以下の記事で詳しくまとめています。

 

さらにすごいリップルの「ILP」とは

ILP(InterLedger Protocol)はリップルが目指す最終目的です。

簡単に言うと、世界中の通貨、銀行、企業の壁をなくして決済や送金ができるようにすることを目指しています。

 

国を越えて生活が便利になる

たとえば、交通系電子マネーである「Suica」を例にとってみましょう。

日本で電車に乗るとき「Suica」を使っている人は多いと思います。

ですが、Suicaを使ってアメリカの電車に乗ることはできません。

なぜなら、Suicaは「円(JPY)」にしか対応しておらず「ドル(USD)」はチャージできないからです。

また、日本とアメリカでは鉄道会社も違い、カードの規格も違いますから、そもそも横断的にSuicaを使うことはできません。

この「国と国の壁」や「企業と企業の壁」をなくしてしまおうというのがILPです。

つまり、

「円(JPY)」⇔(XRP)⇔「ドル(USD)」

「日本の鉄道会社」⇔(XRP)⇔「アメリカの鉄道会社」

のように、リップル(XRP)を各国の通貨や企業の間にはさむことで、自動的に両替と支払をしてくれて、スムーズなやりとりが可能になります。

これにより、Suicaに日本円をチャージしておくだけで、アメリカをはじめとした世界中の電車に乗ることができるようになるのです。

 

海外での買い物もとても簡単になる

電車に乗ることを例にとってきましたが、これは電車に限った話ではありません。

買い物などにも適用することができます。

Suicaにチャージして、コンビニなどで買い物する人も多いのではないでしょうか。

ILPが浸透することによって、たとえば以下のように、日本のSuicaを使って海外で買い物できるようになります。

  1. アメリカでSuicaをつかって買い物したい
  2. 円(JPY)がチャージされたSuicaで買い物
  3. ピッと読み取り機にタッチ
  4. 「円(JPY)」⇔(XRP)⇔「ドル(USD)」が自動で両替される
  5. 日本円がチャージされたSuicaなのに、ドルで支払いできてしまう

このように、企業同士や国と国の壁をなくし、通貨と通貨の壁もなくし、世界をつなげてお金のやりとりを便利にすることをリップルは目指しています。

 

ILPはもちろん仮想通貨にも対応

ILPによって国と国、企業と企業、通貨と通貨の壁がなくなることで、送金や決済がさらに便利になります。

そんなILPはリップル(XRP)以外の仮想通貨にも対応します。

たとえば、

  • ビットコイン(BTC)を自分の銀行口座に「円(JPY)」で入金する
  • ビットコイン(BTC)をつかってクレジットカードの決済をする

といった、現実の通貨と仮想通貨のやりとりもスムーズにできるようになるのです。

 

価値のインターネット(IoV)とは?

国と国、企業と企業、仮想と現実といった世界にたくさんある壁をなくしてお金という「価値」のやり取りをフラットにできるようにする。

リップルの目指すこのような思想は「価値のインターネット(IoV:Internet of Value)」と呼ばれています。

壁のないスムーズな価値のやりとりが実現されれば、とても便利な世の中になりますね。

 

リップルについてまとめ

以下にリップルについてあらためてまとめておきます。

  • リップルの目的は「海外への送金や決済を早く、安く、正確に行うこと」
  • 送金・決済完了時間は「約3秒」、手数料は「ほぼゼロ円」
  • ILPによって世界中の国、企業、銀行の壁をなくして決済や送金ができるようにすることを目指している
  • 現実の通貨と仮想通貨の壁もなくなる
  • 世界の壁をなくして「価値」をスムーズにやりとりできるようにするリップルの思想を「価値のインターネット」という

 

Googleをはじめとした世界的な大企業や銀行がリップルのビジネスに出資したことはとても有名な話です。

リップルの理念やビジネスによって世界の価値の壁がなくなり、より便利な世の中になると世界中からリップルへの期待が集められています。

リップル(XRP)の時価総額がビットコイン、イーサリアムに次ぐ第3位(2018年3月時点)ということからも、その期待をうかがうことができます。

今後がとても気になる仮想通貨ですね。

 

以上、今回はリップル(XRP)について学びました。

ヒデヨシ

 

「リップル」に特化したサイト。イラストでとても丁寧に説明されているので、リップル初心者におすすめのサイトです。

 

Photo:

 

XRP

無料メールマガジンの登録はこちら

▼メールアドレスを入力して【送信】

メルマガ購読・解除
初心者がゼロから学べる仮想通貨・ビットコイン


バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ