ウォレットとは? 種類は? 仮想通貨初心者にもわかりやすく解説

Wallet

こんにちは、ヒデヨシです。

仮想通貨について学んでいると「ウォレット」という言葉をよく見聞きします。

いったい何なのでしょうか。

今回は、仮想通貨の「ウォレット」についてわかりやすくまとめて学んでいきます。

 

仮想通貨のウォレット(Wallet)とは?

仮想通貨のウォレットとは、仮想通貨を管理しておく場所のことを言います。

イメージは「財布」というよりは、「銀行口座」です。

自分専用の銀行口座をインターネット上に持っているとイメージしていただければわかりやすくなります。

インターネット上の自分の口座に仮想通貨を保管しておき、必要なときに暗証番号を入力して仮想通貨の送金、受け取り、出し入れを行います。

また、ネットバンキングのように、パソコンやスマートフォンから手軽に操作できるのも特徴の一つです。

 

大切な「アドレス」と「秘密鍵」

自分の銀行口座を使うときに「口座番号」と「暗証番号」が必要になりますが、仮想通貨のウォレットにも同じものが存在します。

それは

  • アドレス(Address)
  • 秘密鍵(Private Key)

です。

銀行でたとえると、アドレスは「口座番号」、秘密鍵は「暗証番号」にあたります。

銀行のATMでは口座番号はキャッシュカードで、暗証番号は4ケタの数列が基本となっていますね。

仮想通貨の場合、ウォレットの「アドレス」と「秘密鍵」は数十ケタの文字列で表されているため入力が大変。

ですから、基本的にその文字列をコピー&ペーストしたり、QRコードを読み取るなどの方法で入力します。

 

アドレスと秘密鍵は大切に保管しよう

ウォレットの「アドレス」と「秘密鍵」は、なくしてしまうイコール仮想通貨を取り出せなくなるため、絶対になくさないようにしましょう。

また、他人に教えることも禁物です。

ウォレットの「アドレス」と「秘密鍵」は厳重に管理することが大切です。

 

仮想通貨ウォレットは大きく2つに分類される

ここからは、仮想通貨ウォレットの種類について説明していきましょう。

仮想通貨のウォレットは大きく以下のように分類されています。

 

ホットウォレット

ホットウォレットは、オンライン(インターネットに接続されている環境)で管理されているウォレットを指します。

たとえば、仮想通貨取引所やWEB上のウォレットなどに保管する方法。

いつでも手軽に仮想通貨の送金や取引を行うことができます。

その反面、常にインターネットに接続されているのでハッキングなどのセキュリティリスクがあります。

<代表的なホットウォレット>

  • 仮想通貨取引所
  • WEBウォレット
  • デスクトップウォレット
  • スマホウォレット

 

コールドウォレット

コールドウォレットは、オフライン(インターネットに接続されていない環境)で管理されているウォレットを指します。

たとえば、USBのようなウォレットや紙にプリントして保管する方法です。

インターネットに接続していないため、ハッキングなどのリスクがなく安心して保管することができます。

ただし、使用するときに保管している媒体(情報が記録されたUSBや紙など)を参照する手間が発生するので、少し不便です。

また、現実世界上に自分で保管するため、紛失のリスクがあります。

<代表的なコールドウォレット>

  • ハードウェア(物理)ウォレット
  • ペーパーウォレット
  • ブレインウォレット

 

ホットウォレットもコールドウォレットも、それぞれ一長一短でメリット・デメリットがあり、一概にどれが良いとは言えません。

おすすめは、ホットウォレットとコールドウォレットを併用して仮想通貨を管理する方法です。

大きいお金は銀行に預けておき、普段使うお金は銀行から小額を引き出して自分の財布に入れておくというイメージです。

資産として保管しておきたい仮想通貨はコールドウォレットに入れて厳重に管理しておき、普段つかう仮想通貨はホットウォレットに分けて入れておくということです。

そうすることで、様々なリスクを分散できるので、比較的安心して仮想通貨を運用することができます。

 

仮想通貨ウォレットの種類

仮想通貨のウォレットにもいろいろな特徴があります。

以下にそれぞれの特徴をみていきましょう。

【注意!】

ウォレットは保管に対応している仮想通貨が決まっているため、使用前に必ず仮想通貨とウォレットが対応しているか確認しておきましょう。

間違えて送金してしまったら、最悪の場合、仮想通貨が消えてなくなります。二度と戻ってきませんので要注意です。

 

仮想通貨取引所

仮想通貨取引所に自分の仮想通貨を預けている状態です。

メリット

  • 手軽に取引ができる

デメリット

  • 取引所が倒産してサービスが使えなくなると仮想通貨を引き出せなくなる恐れがある
  • 外部からのハッキング攻撃により、仮想通貨が盗まれる可能性がある

 

WEBウォレット

インターネット上に提供されているウォレットサービスに仮想通貨を預けることができます。

代表的なウォレットサービスにMyEtherWalletなどがあります。

メリット

  • 誰でも手軽につくることができる

デメリット

  • 外部からのハッキング攻撃により仮想通貨が盗まれる可能性がある
  • パスワード(暗号カギ)を紛失したり忘れてしまうと、仮想通貨の引き出しができなくなる

 

デスクトップウォレット

パソコンに仮想通貨のウォレットアプリをインストール(ダウンロード)して、パソコン上で管理する方法です。

各仮想通貨の公式サイトからダウンロードすることができます。

メリット

  • 自分のパソコン上に仮想通貨の情報を保管しているので、取引所の倒産などによるリスクがない
  • インターネットに接続していないオフラインの状態にしておけば、ハッキングなど外部からの攻撃を受けることがない

デメリット

  • パソコンがウィルスやマルウェアに感染していると、ウォレットのパスワード情報を盗まれる可能性がある
  • インターネットに接続しているオンライン環境の場合、外部からハッキング攻撃を受けて情報を盗まれる可能性がある
  • パソコンが故障するとウォレットが使えなくなり、最悪の場合仮想通貨の取り出しができなくなる(復元できるようにしておくことをおすすめします)

 

スマホウォレット

スマートフォンにウォレットアプリをインストール(ダウンロード)して、スマートフォン上で仮想通貨を管理する方法です。

メリット

  • 外出時、仮想通貨での買い物のときにすぐQRコードを表示したり読み取ったりできるためとても便利
  • 財布感覚で手軽に管理ができる

デメリット

  • スマートフォンを紛失あるいは故障すると、ウォレットが使用できなくなり、最悪の場合、仮想通貨の取り出しができなくなる(復元できるようにしておくことをおすすめします)
  • 悪意のあるウォレットアプリをダウンロードしてしまうと、ウォレットのパスワード情報を盗まれてしまう可能性がある

 

ハードウェア(物理)ウォレット

USBのような物理デバイスに仮想通貨の情報を保管する方法です。

ちなみに、ハードウェアウォレットでは仮想通貨自体の情報を保管するのではなく、仮想通貨を入れている口座へアクセスする「秘密鍵」を暗号化して保管しています。

有名なハードウェアウォレットにLedger Nano S」「Trezorなどがあります。

メリット

  • オフラインでの管理になるためハッキングなどの外部からの攻撃を受けずに保管できる

デメリット

  • 紛失や故障のリスクがあるため管理する環境を選ぶ必要がある(復元できるように設定しておくことをおすすめします)

 

ペーパーウォレット

仮想通貨のウォレット情報(アドレスと秘密鍵)を紙にプリントして保管しておく方法。

ペーパーウォレットを作ることができるサイトはいくつかありますが、bitaddress.orgでつくるのが簡単でおすすめです。

以下のようなものが生成されるので、PDFで保存したり、プリントアウトして保存します。

(黒い四角の部分にはアドレスと暗号鍵の文字列・QRコードが表示されます)

paper wallet

メリット

  • 紙で保存するため、ハッキングなどの攻撃を受けることがない

デメリット

  • インクのすれやにじみで読み取れなくなる恐れがある
  • 破損や紛失のリスクがある

 

ブレインウォレット

ウォレットの情報をシンプルに暗記する方法です。

ただし、情報を忘れる可能性大なのでおすすめできません。

メリット

  • ウォレットの情報にアクセスできるのは自分だけなのでセキュリティ上もっとも堅牢といえる

デメリット

  • 情報を忘れるリスクがある

 

仮想通貨のウォレットについてまとめ

仮想通貨のウォレットについてここまで学んできたことを以下にまとめておきましょう。

  • 仮想通貨のウォレットはインターネット上の「銀行口座」のようなもの
  • 「アドレス」と「秘密鍵」は厳重に保管する。
  • ホットウォレットはオンライン状態で仮想通貨を管理している
  • コールドウォレットはオフライン状態で仮想通貨(秘密鍵)を管理している
  • 使用前に仮想通貨がウォレットに対応しているか確認する

 

仮想通貨で絶対に忘れては行けないのは、すべて自己責任だということです。

秘密鍵を忘れた、紛失した、ハッキングされたなど、仮想通貨を引き出せなくなる原因は様々ですが、「すべて自分の管理の方法が悪かったため」となります。

仮想通貨は自己責任です。

そのことを忘れずに仮想通貨を生活に取り込んでいきましょう。

 

以上、今回は仮想通貨のウォレットについて学びました。

ヒデヨシ

 

Photo: Descryptive.com via flickr

 

Wallet

無料メールマガジンの登録はこちら

▼メールアドレスを入力して【送信】

メルマガ購読・解除
初心者がゼロから学べる仮想通貨・ビットコイン


バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ